PR

 文字データを輪郭線(アウトライン)で構成したフォント。PostScriptフォントやTrueTypeフォントはアウトラインフォントの一種。

 ビットマップフォントがドットの集まりで文字データを構成しているのに対して、アウトラインフォントでは直線の線分、弧、曲線の集まりとして文字を表現する。そのため、印刷時に文字を拡大しても輪郭がギザギザになることがなく、高品位の印字が得られる。また大きさも自由に指定できる。

 アウトラインフォントでは、基点となるいくつかの点の座標位置をデータとして保持する。印刷や画面表示の際には、基点を通って文字をかたどる輪郭線を算出し、中を塗りつぶすという手順を踏む。大きさの異なる文字を印刷する場合は、基本となるフォントを計算により拡大、縮小する。このため、ビットマップフォントのように文字の大きさや解像度ごとに別々のフォントデータを持つ必要がない。