PR

 写真やグラフィックスなどの商業印刷で不可欠な、カラー印刷工程における前処理。元の画像をCMYK(シアン、マゼンタ、黄、黒)の4色に分解し、各色ごとのフィルム原版を作る。

 印刷機は、この4枚の原版を使ってそれぞれの色のインクを重ね合わせ、元の画像に近い色を合成する。これは、CMYの3色を重ねることで色を暗くしながらあらゆる色を表現する減法混色の原理に基づく。

 スキャナーを使って原稿をコンピューター上に読み込み、コンピューター上で色分解して、イメージセッターに出力し、フィルム原版を作る。極めて複雑なプロセスと高度なテクニックが必要なため、一般的には製版業者などに依頼する。またDTPユーザーにとっては、アプリケーションソフトで色指定を行う際に、色分解に関する基本的な知識が必要となる。