PR

 暑さに胃と頭をやられている原です。みなさま体調はいかがでしょうか?
先日、姉貴が「インターネットに接続してくれないとmixi(ミクシィ)の日記が更新できないじゃん!」としつこくストーカーまがいの電話をかけてくるので、しぶしぶ設定しにいってきました。そして昨日、その姉貴から以下のメール。

「SNSってやってる?何それ?」

 暑さにやられているやつがここにもいました。

 詳細を聞くと、どうやら友達に「mixi以外にSNSってやってる?」と聞かれたそうで。「mixiがSNSなんだよ」っていくら説明しても電話の向こうでクエスチョンが飛びまくっているので、とりあえず放っておきました。

 しかし、それだけミクシィが偉大ってことなのでしょうか。会員数は400万人を突破し、会社もどんどん成長しています。先日、笠原社長のお話を聞く機会があったのですが、「社員数?えっと、100人くらいですかね、あれ、いや、うーんよく分からないです」とおっしゃっていました・・・。

 ただ、現在、mixi以外にもたくさんのSNSが日々立ち上がっています。例えば、タイトーが始めた「しまにてぃ」(関連記事)。キャッチフレーズは「遊べるSNS」で、SNSとオンラインゲームが合体したようなサービスです。私も参加していますが、なかなかどうして面白い。一言で言うと自分の“島”を育成していくゲームなのですが、一人でこつこつやっててもなかなか成長しない。周りの人たちに協力を仰ぎながらやっていくしかないんです。せっかく作ったお家やら工場やら農場やらが、台風だの火災だのいろんなものでやられちゃう。けど、それを知った周りの人がいろいろ支援してくれたり等々。無料で参加できるので、是非遊んでみてください。

 そして、本日届いたリリースはジョギングソーシャルネットワーキングサイト「Jognote(ジョグノート)」。ジョギング専用SNSだそうです。体重や体脂肪率をグラフ化するツールを搭載しているそうな。

 なんといいますか、SNSってあくまでコミュニケーションインフラであって、ただ登録をしただけじゃ意味がない。自分からアクションを起こすと、それに対してリアクションがあって、そしてコミュニケーションが活性化していく。まぁオンラインゲームやダイエットといった付加価値が、活性化エンジンというか潤滑油の役目を果たし、よりうまく周りだすってことなんでしょうか。

 So-netが始めた「So-net SNS」も面白いです。これはなんといっても、自分がSNSの運営者になれるという点が新しい(関連記事1、関連記事2)。

 みなさんも是非、いろんなSNSを体験してみてください。

 あ、言い忘れていたことがありました。えっと、GyaOとのコラボ企画で「ドロップシッピング」をテーマにニュースを共同制作いたしました。ドロップシッピング・・・なんだその言葉という方は是非、ご覧ください。

新ビジネスの予感「ドロップシッピング」とは

 7月24日号の日経パソコンでもドロップシッピングに関する記事を掲載しますのでどうぞ併せてご覧ください。