PR

 図形を描く道具としてすっかり定着した「あのオートシェイプは?」といえば、PowerPoint 2007でも相変わらずの活躍ぶりをみせる。

 ちょっと見たところ大きく変わった様子はないが、次第に、「エ!?これがあのオートシェイプ?」と多彩な変貌ぶりに驚かされることになるのだ。

 今回のレビューでは、そんな内なる可能性を秘めた「オートシェイプ」を探ってみる。

お目当ての図形はひと目で見つかる

 イラスト入りの簡単な図を作ったり、漫画のような吹き出しを使いグラフや表に補足を入れたりするには、やはりあの「オートシェイプ」にご登場願うことになる。

 図形を選ぶ場面では、すべての図形をくまなく見ることができるようになった。従来のように、図形の分類を順にたどっていく必要はない。頻繁に使用している図形なら、最上部の「最近使用した図形」の中に見えるはず(図1)。

図1 オートシェイプの図形を選ぶ画面

図形の形は自由に変わる

 「図形の種類は増えていないの?」と気になる人もいるかもしれない。

 表示される図形の数にはあまり大きな差はない。

 しかし、よく見ると…。描いた図形をフリーフォームに変換する機能がついているではないか。フリーフォームに変換すれば…その名の通り図形が自由な形へと変化する仕組みだ(図2)。

 実のところ、PowerPoint 2003にも、オートシェイプの中にフリーフォームの図形はあったが、曲線や直線を描くのはなかなかむずかしく、思い通りの図形を描きあげるのは至難の業。既存の図形の形を少しだけ変えたいという場合も、そう容易い話ではなかったのだ。

 描いた図形をフリーフォームに変換し、図形の形をいかようにも変えることができるなら図形の種類の制限からはすっかり解放されることになる。

図2 図形をフリーフォームに変換すれば、図形の形を自由に変えることができる。ただし……ベータ版では、図形の頂点を動かす操作がうまくいかない場面も多々あった……製品版でこのあたりが解消されることを願いたい

コネクタはどこへ行った?

 PowerPoint 2007のオートシェイプには「コネクタ」の分類が見つからない。

 「もしや、なくなってしまったか?」と思いきや、単に「線」を選べばコネクタと同様に他の図形と結びつけることができると分かってひと安心(図3)。

 「ところで、コネクタってなに?」という人もいるだろう。

 コネクタとは、図形と図形とを固く結びつける図形。手順や関係などを説明する図
を描くには、「コネクタ」の存在が不可欠なのだ。

 しかし、「コネクタ」を正しく使いこなすには、結びつける図形を指定しなければならないなどちょっとしたコツがいるため、“よくわからない図形”として避けられることも多かった。

 そんな「コネクタ」だが、PowerPoint 2007では「線」との融合をはたし、実力を十分に発揮する日がやってくると思われる。

図3 「線」の図形を使えば、図形と図形とを結びつけることができる。接続先の図形が移動しても線は伸縮してつながったままだ