PR

 Wordでは、電子メールのアドレスやインターネットのURLを入力すると、その部分にハイパーリンクが設定される。オンラインで文書を利用する場合はありがたいのだが、うっかりクリックするとブラウザやメーラーが起動してしまうので、迷惑に感じている人も多いはずだ。ハイパーリンクが不要な場合は、Wordの設定を変更しよう。

 ハイパーリンクが設定されないようにするには、「ツール」→「オートコレクト」を実行し、「入力オートフォーマット」パネルの「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」チェックボックスをオフにする。

 すでに設定されたハイパーリンクを解除するときは、その部分を右クリック(Mac版ではcontrolキー+クリック)して「ハイパーリンク」→「ハイパーリンクの編集」を実行する。ダイアログボックスが表示されたら「リンクの解除」(Mac版では「リンクの削除」)ボタンをクリックしよう。なお、Word2000では「ハイパーリンク」→「ハイパーリンクの削除」を実行すればいい。

図1 Wordの初期設定では、ホームページのアドレスにハイパーリンクが設定される。このままだと文字の修正もしにくい。

図2 「ツール」→「オートコレクト」を実行し、「入力オートフォーマット」パネルで「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」チェックボックスをオフにする。

図3 これでアドレスを入力してもハイパーリンクは設定されない。

図4 すでに設定されているハイパーリンクは「リンクの解除」ボタンで解除する。Word2000ではショートカットメニューから「ハイパーリンク」→「ハイパーリンクの削除」を実行するだけでOK。