PR

 Office 2007のベータ版をダウンロードして、Access 2007を起動したときの第一印象は、正直なところ「なんだか、わけが分からない」だった。データベースウインドウの外観が大きく変わってしまったことによる戸惑いが、実態以上に不可解なものとして捉えてしまった感がある。

 ところが、ある程度Access 2007を使うようになってくると、他のアプリケーションと比較して明らかに違う点があることに気がついた。Office 2007共通の新ユーザーインタフェース(UI)への「慣れ」が抜群に早いのだ。

 なぜか。答えは簡単だ。Accessは他のアプリケーションに比べメニュー構造が圧倒的にシンプルで、メニューバーやツールバーへの依存度が低いからである(図1~図2)。

図1 Access 2003の画面。ファイルに関する操作はメニューやツールバーを使うものの、テーブルやフォームなどオブジェクトの基本操作はデータベースウインドウのメニューボタンを使う
図2 Access 2003でテーブルをデータシートビューで表示した画面。ビューの切り替えやデータの検索・抽出、並べ替えなど、通常使うほとんどの機能はツールバーのボタンから操作できる

基本のタブは4種類

 従来のメニューバーとツールバーを統合した役割を担うリボン。Access 2007のリボンを実際に見ていこう。

 基本のタブは「ホーム」「作成」「外部データ」「データベースツール」の4種類だ。

 「ホーム」タブには、旧バージョンのAccessでテーブルやクエリをデータシートビューで開いたときに、表示されていたツールバーと同類のボタンが並んでいる(図3)。このほか、フォントの書式設定など従来のメニューにあった項目がボタンとして追加された。中央にある「リッチテキスト」はAccess 2007の新機能に対応したグループだ。

図3 Access 2007の「ホーム」タブ。使用頻度の高いオブジェクトのビューを切り替えるボタンは、従来と同じく左端に配置してある。また他のタブが表示されているときでもビューの切り替えがスムーズにいくようにステータスバーの右端にビューを切り替えるボタンが配置された

 オブジェクトを作成するメニューは、「作成」タブにまとめられた(図4)。旧バージョンでは、データベースウインドウのメニューからダイアログボックスを表示し設定を行っていた機能の大半が、グラフィカルなボタンで表示されている。ただし、この「作成」タブのボタン配置が、従来のメニュー構造と一番異なるところでもある。慣れるのに少し時間がかかるかもしれない。

図4 「作成」タブには、「テーブル」「フォーム」「レポート」とオブジェクトのグループ別に必要なボタンが並ぶ。クエリとマクロは最後の「その他」グループにまとめられた

 残りの2つのタブには、データベースのメンテナンスには欠かせない重要な機能がまとめられている。「外部データ」タブには、データベースにデータを取り込むインポート機能やデータを出力するエクスポート機能など外部データとのやりとりに必要なボタンが、「データベースツール」タブには開発者向けのツールが揃っている(図5~図6)。

図5 「外部データ」タブには、「インポート」「エクスポート」「データの収集」「SharePointリスト」グループが並ぶ
図6 「データベースツール」タブの「マクロ」グループから、VBE(Visual Basic Editor)を起動できる