PR

 申込書や問題用紙には、文字を書き込む記入欄が必須。申込書のような定型文書では表を利用すればいいが、クイズ問題のような複雑なレイアウトでは、どんな記入欄がいいか迷うことがある。状況に応じた作成例をいくつか紹介しよう。

図1 作成例1:文字の括弧を使う。記入欄に書き込む文字が少ない場合に

図2 作成例2:空白文字に下線を付ける。記入欄に書き込む文字が比較的多いときに

図3 作成例3:空白文字に囲み線を付ける。文章内に記入欄を設けるときに便利

図4 作成例4:オートシェイプの四角形を描く。記入欄を自由に配置したいときに

拡大表示
図5 作成例5:オートシェイプの中かっこを使う。書き込む範囲を広くとりたいときに