PR

 Outlook Express(OE)には、送信相手がメールを読んだことを確認できる「開封確認メッセージの要求」機能がある。この要求が加えられたメールを受信した場合、できる限り開封確認のメールを返信するようにしたい。

 この「開封確認メッセージの要求」機能は、受信した相手がメールを読んだかどうか確認できるものだ。この要求が付いたメールを受信すると、OEの初期設定では、メールを開こうとすると、開封確認のメールを送るかどうかを確認する画面が表示される。その画面で「はい」を選べば、自動的に開封時刻を記載したメールが作成され、送受信時に送信される。

 「開封確認メッセージの要求」付きのメールが頻繁に届き、1通ずつ返信確認をするのが煩わしい場合は、自動的にすべて返信するように設定することもできる。「オプション」画面の「確認メッセージ」タブにある「開封確認メッセージを送信する」にチェックを付ければよい。ただし、メーリングリストへの返事や「TO」や「CC」に自分のアドレスがない場合は、返信しないように設定することを忘れずに。

図1 開封確認の要求が付いたメールを受信すると、メールを開く際にこの画面が表示される。「はい」を押すと、開封した時刻を記載したメールが自動的に作成され、次の送受信時に相手に送られる

図2 図1の画面で「はい」を選ぶと、「送信トレイ」に図のような開封確認のメールが作されて保存される。メールには、返信元のメール情報を記録したテキストファイルが添付される

図3 図1の画面を出さずに、すべての開封確認のメールに自動的に返信するには、「オプション」画面の「確認メッセージ」タブにある「開封確認メッセージを送信する」にチェックを付ける。「メーリングリストへの返信時や、宛先またはCCに自分の名前がない場合は確認を返信しない」にチェックがついていることを確認して、「OK」ボタンをクリックする