PR

 Outlook Express(OE)には、送信相手がメールを読んだことを確認できる「開封確認メッセージの要求」機能がある。この要求が加えられたメールが届いたとしても、返信しない方法も選ぶことができる

 「開封確認メッセージの要求」機能は、受信した相手がメールを読んだかどうか確認できるものだ。この要求が付いたメールを受信すると、OEの初期設定では、メールを開こうとすると、開封確認のメールを送るかどうかを確認する画面が表示される。その画面で「はい」を選べば、自動的に開封時刻を記載したメールが作成され、送受信時に送信される。

 しかし、ここで「いいえ」を選ぶと、開封確認のメールは送信されない。ずるい方法かもしれないが、相手にメールを読んだことを知らせたくない場合は、この方法で送信しないようにすることもできる。また、頻繁に届くので、いちいち確認画面が表示されて「いいえ」を選ぶのも面倒な場合は、すべての開封確認メールに返事を出さないようにすることもできる。「オプション」画面の「確認メッセージ」タブにある「開封確認メッセージを送信しない」にチェックを付ければ良い。以後、開封確認要求が付いたメールが届いたとしても、確認画面が表示されることもなく、返信もしないようになる。

図1 「開封確認メッセージの要求」が付いたメールを開こうとすると、開封確認の要求が付いていることを通知し、返信するかどうかを確認する画面が開く。「いいえ」をクリックすると返信しない

図2 OEのオプション画面の「確認メッセージ」タブを開き、「開封確認メッセージを送信しない」にチェックを付ける