PR

 Outlook Express(OE)で、いつもはテキスト形式でメールを書くようにしているけれど、たまに友達にHTML形式でメールを送りたいときがある。そんなときは、そのメールだけHTML形式で書けるように表示を変えれば良い。

 メールの形式には、テキスト形式とHTML形式の2つがある。HTML形式で送られるウイルスメールがあるために、この形式でのメールを敬遠する人が多いので、通常は「テキスト形式」で書くように設定したほうが良い(方法については、「作成するメールをテキスト形式に変更する」を参照)。しかし、お互いに事情がわかっていて、メールを楽しむためにHTML形式で送りたいというときもあるだろう。そんなときは、設定は変えずに、そのメールだけHTML形式で書こう。

 方法は簡単だ。メールの作成画面で「書式」メニューから「リッチテキスト(HTML)」を選べば、そのメールだけHTML形式で書けるようになる。保存前に「テキスト形式」に戻してしまうと、全ての書式情報が消えるので注意だ。

図1 通常はテキスト形式で作成するメールを、そのメールだけHTML形式で作成したい場合は、「書式」メニューから「リッチテキスト(HTML)」を選ぶ

図2 すると「書式」バーが表示され、そのメールだけHTML形式で書けるようになる。背景やフォント、文字色を自由に指定したメールが作れるというわけだ