PR

 送受信したメールデータにアドレス帳、それにアカウントとメールルール…。Outlook Express(OE)で管理していたデータは、それぞれ個別にバックアップすることになる。いざバックアップしたデータをOEに取り込もうとして、バラバラに保存してみつからないことも。そんなことにならないよう、便利な無料オンラインソフトを使ってみよう。

 Exma ver.4は、OEのデータを一括してバックアップする便利なソフトだ。使い方も簡単。インストールしたら、起動してユーザー名を指定し、「Backup」にチェックを付けて「OK」ボタンを押すだけ。これで、送受信データもアカウント情報やメールルール、アドレス帳などが、デスクトップ上に作られる「Exma-bkup」フォルダに一括管理される。このフォルダごとCD-ROMやDVD-ROMなどにコピーしておけば良い。詳しい使い方はソフトのヘルプを参照のこと。

図1 Exma ver.4を起動したら、ユーザー名を指定して「Backup」にチェックを付ける。「OK」ボタンを押すと、初期設定で自動的にデスクトップ上に作られる「Exma-bkup」フォルダに保管される

図2 フォルダを開いてみると、メインユーザーのフォルダ内に、メールデータやアドレス帳データなどがまとめて保管されていることが確認できる