PR

 Excel 2007の条件付き書式には、数値の大きさを横棒や色のグラデーションで表現し、大小の差をビジュアルに訴える機能が追加された。ビジュアルといっても煩雑なグラフィックスの操作は一切いらない。条件付き書式第2弾の今回は、Excel 2007新機能の花形ともいうべき、「データバー」「カラースケール」「アイコンセット」にスポットを当ててみよう。

 これまでのバージョンの条件付き書式では、指定した条件を満たすセルに特定の書式を設定し、目立たせることを目的としていた。それに加えて、Excel 2007では、数値の大きさに応じて、すべてのセルの書式を分類する機能が追加されている。それが、「データバー」「カラースケール」「アイコンセット」だ。実際にこれらの機能を試してみた。

「データバー」なら横棒グラフが作成不要に

 まずは「データバー」を使ってみよう。データバーは数値の大きさを同じセル内にバーで表示する機能だ。セルを選んで、好みの色の「データバー」を選ぶだけで、セルに横棒のグラフィックスが追加される。このとき、あらかじめセルの幅を長めにとっておくと見栄えがよい。きれいなグラデーションがついた横棒なので、筆者も初めて試したときには驚いた(図1)。これは、他のライター諸氏も紹介されているように、Office 2007になってグラフィックス関連の機能が一新されたことによるものだ。

 また、「データバー」のバーの長さは数値の大きさにそのまま比例するため、横棒グラフを作成したのと同じ効果が得られる。つまり、単に数値の大小を比較するだけなら、「データバー」を使えばわざわざ横棒グラフを作る必要はなくなったとも言えるだろう。

図1 リボンの「条件付き書式」から「データバー」を選び、好みの色を選択すると、数値の大きさがバーで表示される

色のグラデーションでランク分けする「カラースケール」

 次に「カラースケール」を見てみよう。セルを選んで「カラースケール」を選ぶと、数値をいくつかのランクに分け、色の濃淡でどのランクに属するかを示してくれる(図2)。

 ただし、選択できる色のパターンのうち、上の4つは3色間でのグラデーションになるため、正直ごちゃごちゃするだけで効果がよく分からない印象を受けた。下の段に表示されたデザインなら、2色のグラデーションで表示されるためランクの並びが分かりやすい。使うなら下段のパターンのほうが実用的だろう。

図2 セルを選んで「カラースケール」を選ぶと、数値をいくつかのランクに分け、色の濃淡でどのランクに属するかを示してくれる

「アイコンセット」で「評価」を判定

 最後に紹介する「アイコンセット」は一風変わった機能でなかなか面白い。これは、上で紹介したカラースケールと基本は同じだが、色の違いではなく、先頭に表示されるアイコンの種別でランクを示すものだ。ちょうどIF関数を使って「80点以上なら『合格』、50点以下なら『不合格』」のように、数値の大小に応じて評価を表すのに似ている。

 アイコンセットには、図3に示すとおり、信号、矢印、旗などの図形があり、アイコンの数にも3種類ら5種類までの選択肢がある。たとえば3種類の矢印を選ぶと、一番大きな数値から一番小さな数値の間で3等分した数値を基準にして、すべてのセルをいずれかの矢印に振り分ける仕組みだ。5種類のアイコンセットを選べば、同様に、数値が5段階のランクで表示される。

図3 「アイコンセット」を使い、売上額のランクをモノクロの矢印で示してみた。このほかにも、カラーの矢印、旗、信号などがあり、アイコンの数も3種類から5種類まで用意されている