PR

 PowerPointでグラフを作ろうとすると見知らぬ表とグラフが目の前に現れる。

 Excelに慣れている人はこの動きにしばし戸惑い「PowerPointではグラフは作りづらい…」と思い込んでしまっているかもしれない。

 しかし、PowerPoint 2007を使えば、その考えが変わるはず。

 数値の比較や推移などをはっきりと示すことのできるグラフは、プレゼンテーションの場では欠かせない存在。操作性の変化は見逃せない。

 今回のレビューでは、PowerPoint 2007でのグラフ作りについて紹介する。

グラフ作りの滑り出しはスムーズに

 PowerPoint 2007でグラフを作ろうとすると、まず、作りたいグラフを選択する画面が表示される(図1)。

 Excelに慣れている人ならごく自然な動きだと思うかもしれない。しかしこの画面がPowerPoint 2007になって大きく変わったところだ。

 PowerPoint 2003では、普通にグラフを作ろうとするといきなり表と大きな棒グラフがスライドいっぱいに出現していたのだ。

 したがって、なにはともあれ、グラフ作りのスタートがスムーズに進みだすのはPowerPoint 2007の嬉しい変化といえる。

図1 Excel 2007がインストールされていれば、グラフを作るとグラフの種類を選択する画面が表示される

Excelと同じ操作でグラフ作りができる

 さて、グラフの種類を選択したら、グラフにする元データを編集する。

 この操作も、PowerPoint 2003とは異なる。従来は、グラフの元になる表を編集するにはExcelの画面とは少々見た目の異なるMicrosoft Graphのデータシートを扱う必要があったのだ。

 しかしPowerPoint 2007では、表を編集するときにExcelの画面が現れる(図2)。

 これなら、グラフを作るときに「Excelの方が手馴れている」という理由で、Excelを起動してからグラフを作り、そのグラフをPowerPointに貼り付ける。といったような二度手間は必要ない。

 もちろん、作ったグラフは、Excelと同様に編集できる。Excel 2007のグラフ機能の紹介はここでは省略するが、Excelが兼ね備えたかなり強力な機能をPowerPointからも分け隔てなく利用できるようになったのは確かだ。

図2 グラフの種類を選んだあとはExcelの画面が表示される。表を作ってPowerPointの画面に戻るとグラフができている