PR

 文字色や背景色など、一定のコンセプトに沿った書式をセットにしたものをテーマと呼ぶ。OSのWindowsには以前から「テーマ」という概念があったが、Office 2007にも本格的にこのテーマが導入された。Accessの場合このような色合い的な強化は、他のアプリケーションに比べ、劇的に使い勝手に影響を及ぼすわけではない。しかし、テーマだけでなく細かな部分での書式まわりの強化は、ささやかながらもユーザーにとってはうれしい改良点だろう。

 第5回の今回は、テーブル関連で細かく改良が加えられた書式に関する強化点についてみていくことにしよう。

フィールド単位で文字配置を設定

 テーブルをデータシートビューで表示すると、「ホーム」タブには文字書式関連のボタンが並ぶ「フォント」グループが表示される。Access 2003では「書式」→「フォント」から設定できた機能が、ここに集約した形だ。過去の機能をそのまま継承しているため、基本的にこの「フォント」グループで設定した文字書式は、データシート全体に反映される。例外なのは、中段にあるおなじみの文字配置のボタン。このボタンをクリックすると、フィールド単位で文字配置が設定できる(図1)。

 Access 2007では、テキスト型や数値型など従来からあるデータ型のプロパティに、新しく「文字配置」が追加された。フィールド単位で文字配置が設定できるようになったのはこのためだ。デザインビューでデータ型を定義するときに、最初からこのプロパティの値を好みのスタイルに設定しておくことも可能だ(図2)。

図1 例えば、「社員ID」フィールドのどこかにマウスポインターをおき「中央揃え」ボタンを押せば、「社員ID」フィールドのみ、文字配置が中央揃えになる
図2 「文字配置」プロパティの既定値は従来の配置を引き継いだ「標準」となっている。▼ボタンを押せば、一覧から文字配置を設定できる

データシートの見やすさを追求

 Access 2007でも文字色や塗りつぶし色にテーマが使えるようになった。例えば、「フォント」グループの「塗りつぶしの色」ボタン横の▼をクリックすれば、表現豊かな色の一覧が表示される。色合いが抑え目なので分かりにくいが、データシートは1行おきに色分けされている。このため、「塗りつぶしの色」ボタンのほかに、新しく「代替の塗りつぶし/背景色」ボタンが新設され、それぞれの色を塗り分けられるようになっている(図3~図4)。

 タブに配置されたボタンを使えば、素早く設定が行えるが、旧バージョンから親しまれていたダイアログボックスもまったく姿を消したわけではない。グループのブロック右下に小さなボタンが表示されていたら、従来の詳細設定を行うダイアログボックスを呼び出すことができる(図5~図6)。

図3 「塗りつぶしの色」の一覧から、ここでは「緑」を選択する
図4 1行おきに指定した緑色で塗りつぶされた。「代替の塗りつぶし/背景色」ボタンを使えば、もう一方の塗りつぶし色を指定できる
図5 「フォント」グループの右下にあるボタンをクリックする
図6 「セルの表示」ダイアログボックスが開く。設定項目に新機能の「代替の背景色」が追加されている