PR

Macintoshの頭脳移植が着々と進んでいる。PowerPCからIntel Core Duo、さらにこれからはCore 2 Duoへ。アーキテクチャーの全く異なるCPUに取換えるということは、ガソリンエンジンを電気モーターに置き換えるようなチャレンジで、新しい車にガソリンを注入しても走らない。要するに古いマシン向けに書かれたソフトは本来動くはずもないものなのだ。

ユーザーも気付かない頭脳移植手術

しかし、Intel版マックを使ってみると、従来ソフトでもIntel版マック向けに専用に作られたソフトでも、何の違和感もなく動いてしまう。ぼんやり使っていると、何が変わったのか気付くこともない。このシームレスさがまさにマック流なのだが、逆にこれほどまでにスムーズに動いてしまうから、特にIntel向けにコンパイルし直した新しいソフトを手に入れる必要は無いのではとユーザーに思わせてしまうという逆効果さえ出てきてしまっている。

移植プロセスはもう既に1年前から続いていることなので、識者には常識となっていることかも知れない。しかし、一般ユーザーにとっては表面的な現象として見えてこないから自覚していない人も多い。ここで、もう一度整理しておこう。マックを日常的に使っておられない方はもちろん、マックユーザーであってもIntel版マックを使っていない人にはピンと来ない話かもしれないが、もう少し我慢しておつき合いいただきたい。

アーキテクチャーの異なるCPUを頭脳部分に組込めば、当然これまでのPowerPC向けソフトはそのままでは動かない。そこで、AppleはIntelチップを載せたマック上でもPowerPCコードが実行できる手品のような仕掛け「Rosetta」を用意した。このRosettaが介在してソフトが動いているのか、あるいは直接Intelチップ向けのコードが走っているのかは表からみても分からない。アプリケーションの「情報を見る」という操作をすると、初めてそのアプリケーションがPowerPC向けなのかIntel向けなのかが分かる。

Intel版のマックでPowerPC用の従来アプリケーションが動いてしまい、特に違いが感じられないのは、ガソリンと電気のハイブリッド車が走っている様子を外から見ていても、その時どちらのモードで走っているのか全く分からないのと状況は似ている。ただ、実際に運転してみると、分かる。そのあたりも、状況は似通っている。アクセルをぐっと踏み込んだときの加速感などが違う。もちろん、音も違うから歴然と言ってしまえば身もふたもない。でも、言いたいことはお分かりいただけるだろう。

PowerPC向けソフトはIntel版マックでは遅いのか?

さて、インテル版マックが登場して既に半年が過ぎた。その間、PowerPC向けソフトはIntel版マック上では動作速度が遅くなってしまうという報道も多かった。しかし、私の最近の経験では、そうとも言えない、場合によっては逆の状況になりつつあるような気がしてきている。しかも、新機種では従来機種に比べ、CPU速度が大幅にアップし、メモリとのやり取りに使われるバスのスピードもアップしている。

たとえば、一番の入門機と考えられるMacBookは最低でも1.83GHz、もう一つ上なら2GHzのIntel Core Duoを積んでいる。この辺のレベルに飽き足らないヘビーユーザーが手を出しそうな、15インチのMacBook Proなら2GHzか2.16GHzのCPUタイプが選択できる。さらに、メモリも2GBまで搭載できる。このように足回りが改善され、Rosettaの完成度が高まれば、PowerPC向けアプリだってすいすい動いてしまう。

実際、私の利用環境内で試したところPowerPC向けグラフィックソフトのAdobe Photoshop CS(Version 8.01)は、おおむね2倍から3倍は高速で動いてくれる。

使ったのは867MHz、メモリー1.12GBのPowerBook G4 と2.16GHz、2GBを積んだMacBook Pro。CPUスピードがこれだけ違えば、高速で動くのも当たり前じゃん、と思われる方もいらっしゃるかも知れない。しかし、手元で日常のように供しているマシンでカジュアルに実験するのも意味がある。つまり、これまで2年愛用してきたPowerBook G4をMacBook Proに買い替えると、世界がどう変わるのかを体感することにもつながる。

パソコン専門誌の記者時代ならベンチマークテストをするのに最適な組み合わせを準備して、正確なデータを出すところだが、SOHOでこじんまりと調査研究を行うフリージャーナリストにはそれだけの余裕はない。とにかく、日常的に使っているマシンでベンチマークテストをやるしかないのだ。

やってみたのは300dpiで6000×4500ピクセル、ファイルにして約80MBの写真データにアンシャープマスクをかけたり、ぼかしを施したり。結果は上述のようにMacBook Proの方が2倍から3倍高速で動いてくれたのだ。

Intelチップに最適化されていないPhotoshopなどはIntel版マック上で使うと遅くなってしまうのではないかと思っていたものが見事に覆されてしまった。

もちろん、賢明な読者の方はお気付きになっていると思うが、遅いG4マシンではなく、速いG5マシンだったらこの結果は逆転する。デュアルコアCPUを2個積んだ現行の最上位機種PowerMac G5 Quad 2.5GHzマシンが用意できれば、PhotoshopはMacBook Proに比べ4倍程度高速で動く。

PowerPC向けのアプリケーションはそのままIntel版マックに持って来たら速度低下がおこる。このこと自体は事実なのだが、一般ユーザーが日常的に使っている古いマシンを最新機種に乗り換えると快適さが向上するという状況もまた事実なのだ。一般ユーザー(企業内ユーザーでも同様だろうが)が常に最新機種、最上位機種を数カ月毎に入れ替えながら使うということはまれだからだ。

Univarsal版になると2倍速い

さらに重要なことがある。Intel版マック上では、Intelチップ向けにコーディングが最適化されたアプリケーションは、PowerPC向けにコーディングされたアプリケーションをRosetta上で実行するよりも2倍は速く動作する。実はこの種のベンチマークテストは難しい。全く同じアプリケーションをIntelチップ向けとPowerPC向けに別々に最適化した上でコンパイルしたものを用意し、Intel版マック上で走らせてみなければならない。実際にはこのようなアプリケーションは存在しないから簡便な方法で測ってみよう。

Univaersal Binari化されたMac OS X向けのベンチマークテストXbenchを本来のモード、すなわちUniversal Binary状態で動かすものと、無理やりRosettaで動かす(「情報を見る」で「Rosettaを使って開く」にチェックマークを入れる)ものとで比較する。こうすると、厳密ではないもののRosetta経由の動きとダイレクトに動くものとの比較ができる。

実験の結果は、Universal Binaryで総合点57.15ポイント、一方のRosetta経由で21.15ポイントと倍以上の差が出た。

これを総合して考えると、PhotoshopがUniversal Binary化された暁には、私の仕事環境の中では4~6倍は速くなることが期待できそうということになる。

Cocoa化とUniversal Binary

Universal Binary化をするということは実はもう一つ、根底から改善される部分がある。Mac OS Xが用意しているアプリケーションプログラミングインタフェース(API)をフルに利用できるようになるということだ。アップルではこれをCocoa化と言っているが、これを行うことで、OSの持つ堅牢性や高速性能をフルに引き出すことができるようになる。

たとえば、旧Mac OSのSystem 9などではアプリケーションを動かす際に、これから使うプログラムモジュールの大半を事前に読み込んでから起動させる必要があったため、起動に時間がかかっていた。また、透明感のあるグラフィックス表示やネットワークの動作などはCocoaから利用したほうが効率のよい動作を実現させることができる。

こうしたCocoa化とUniversal Binary化を実現した実用ソフトとして、日本語ワープロソフトのegwordがあることを先週の私のコラム「きれいな文書、好きですか」で紹介した。

真っ先に体感できるのは、その起動時間の速さだ。アプリケーションのアイコンをダブルクリックすると、ドックの中で一跳ねするだけでパッと立ち上がる。アプリケーションが立ち上がったあとは、画像の配置、レイアウト変更、文書サイズの変更などあらゆる場面で「ライブ編集」が可能になる。写真の配置などを変更すると、レイアウト画面がズリズリと変化する。まさに、分かりやすさ向上のためにスピードが大いに貢献している。

このあたりの詳しいことは、ここに書くと重複になる。

前回の私のコラムをエルゴソフトの方が読んでいただけたようで、太っ腹にも自社サイトで“評論”を掲載するスペースを提供してくれるという。そこで、日本語ワープロのあるべき姿と新生egwordの関係を3回にわたって論じてみることにした。詳しくはそちらのページを参照していただければ幸いだ。

デスクトップマシンにIntelチップが載れば

頭脳移植作戦が進んでいるとはいえ、肝心のデスクトップマックにはまだIntelチップ搭載のモデルが登場してきていない。Core Duoでは64ビット対応にならないからだ。Mac OS X 10.4自体は一部、既に64ビット対応を済ませてしまっているが、CPUがついてきていない。羽を切り取られた隼のような状況に押し込められてきたのだ。

Intelは米国時間7月27日、Pentium時代の終焉を告げるCore 2 Duoを正式発表した。IntelによるとこのCPUへの移行はここ13年間で最も重要な製品となるという。

ついに、これで、Mac OS Xが羽を広げて飛び回る道は付いた。WWDC2006での発表はこうした新しいプラットフォーム上での全く新しい高みの話題で埋め尽くされそうだ。

Univaersal Binary化はこうした新しい高みで自由に飛び回るための乗り物ということもできるかも知れない。まだUnivaersal Binary化宣言を出していないAdobeやMicrosoftなども、いよいよ動き出すことになるだろう。ああ、待ち遠しい。来週はそんな動きを現地からお届けしよう。