PR

ここサンフランシスコは真夏の日差しがまぶしいけれど、街を歩くのにセーターが欲しくなるほど肌寒い。その一角に肌寒さを吹き飛ばす熱気に溢れた場所があった。アップルが開催した開発者向け国際会議WWDC 2006。会場に掲げられた垂れ幕にはいつも通り挑戦的な言葉が並ぶ。その極め付けが「Hasta la vista(地獄で会おうぜ)、Vista」

クアッドコアのデスクトップ、Vistaを超えるLeopard

Hasta la vista(アスタ・ラ・ビスタ)、映画「ターミネーター2」でアーノルド・シュワルツネッガーが敵にとどめを刺すときに口にする。Windows Vistaよさようなら、というわけだ。

8月7日、WWDC 2006の冒頭を飾るキーノートスピーチでスティーブ・ジョブズCEO(最高経営責任者)はハードウエア新製品、来年春に発売を予定している次期Mac OS XのLeopardなどを矢継ぎ早に紹介した。

何と言っても、会場を熱狂させたのはCPUチップを4個搭載したデスクトップ型Mac Proの発表だ。製品内容は既にニュースリリースがアップルから出され、WebのAppleStoreでは販売開始されているから、ここでは詳しいことはもう書く必要はないだろう。

2GHz、2.66GHz、3GHzから選べる デュアルコア Intel Xeon "Woodcrest" プロセッサを2基搭載。プロセッサ毎に独立した4MB共有L2キャッシュ、独立1.33GHzフロントサイドバス×2系統、最大16GBメモリ(667MHz DDR2 Fully Buffered DIMM、ECC機能付き) シリアルATA ハードディスクドライブ4機最大2TB、2層記録式16倍速SuperDrive (DVD+R DL/DVD±RW/CD-RW)とさらにもう一台の光ドライブ。オーダー時のカスタム選択で400万通りのBTOが可能。

発売は例によって「Available TODAY!」だった

ついでにXserveもXeonのクアッド構成になると発表されると、企業向け開発に命を懸けている開発者グループから安堵の声が漏れる。ようやく、待ちに待った未来への切符が発売開始になったのだ。

これまで、企業内ソリューションや極めて大量のデータを処理しなければならないマルチメディアコンテンツ開発、医療分野の画像処理などで、Macは快適なプラットフォームだけど、最後の体力が追いついていないと嘆く声が多かった。たとえばハイビジョン映像の編集に使うFinal Cut Proや写真の高解像度映像処理に使うApertureなどはすでにIntelチップ向けに最適化されており、MacBook ProやMacBookなどでは高速に走らせることができる。しかし、放送局や出版社などが大量の作品を処理しようとするとMacBookではどうしても力不足。かといってこれまでの最高性能機PowerMac G5 Quad上では今一つフルスピードが出し切れないでいた。

そこに、このMac Proの登場だ。Final CutやApertureなどは水を得た魚のようにフルスピードで動作する。スティーブ・ジョブズの説明によると、ほぼ同性能の機種構成で価格を比較すると、Mac Proの$2499に対し、DelのPrecision 690が$3448。価格差は1000ドル近いものとなる。編集作業や視覚効果の設定などはMacBook Proで行い、最終のレンダリングはMac Proで仕上げるといった最強のシステムを作りたければ、Windowsベースのシステムで構成するよりも安価に作れる道ができたことになる。

さらにサーバーをグリッドに組んだ“ミニ”スパコンをシステムに作り上げるといったソリューションなら、さらにコスト効果の高いシステムに仕上げることができる。映画製作、出版や医療用の画像処理、音楽制作、流体シミュレーションなどCPUパワーがあればあるほど良いソリューション開発に拍車がかかるだろう。

ユーザー思いの新機能が続々

次期OS、Leopardのイントロのプレゼンテーションはソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長Bertrand Serletが担当。マイクロソフト社のWindows Vistaをやり玉に挙げ、痛烈な皮肉爆弾を炸裂させる。笑い声と拍手がスピーチを遮る。

新しく組込まれる機能のうち、紹介された10の機能はいずれもユーザーの陥りやすいトラブルを解決したり、より便利にアプリケーションを使ってもらうための工夫を組込んだもので、いかにもアップルの良心を感じさせるものばかりだった。

たとえば、「Time Machine」は以前あった状態に完全に戻してしまう機能を持つもので、不用意にファイルを削除してしまったり、変更を加えてしまったものを、その前の状態に戻してくれる。システムの追加、アプリケーションのインストールなどで不具合が起きるようになったときには、正常だったときに戻してくれる。これにより、安全のためにファイルはバックアップしておかなければならないという常識が覆される。

「Spaces」はたくさんの種類のアプリケーションを同時に利用する際に、アプリケーショングループごとにまとめて切り替える機能。これまで、アプリケーションをたくさん立ち上げると、Aのアプリの上にBのアプリが重ねて表示され、そのまた上にAのアプリが作った2枚目の書類が乗っかるなど、煩雑きわまりない状態に陥ることがあった。それをたとえば、文書作成用のアプリケーション群、メールやWeb関連のアプリケーション群にと分割して管理することができるようになる。

Mac Proなど、2ディスプレイをサポートしているマシンでなら、これをグループごとに2つのディスプレイに振り分けて表示させることもできる。株式売買など非常にたくさんの情報を画面に表示させておかなければならないようなアプリケーションでは大いに利用する価値がありそうだ。

ただし、日本語対応が追いついていないものも

おなじくユーザー思いの機能強化が図られたものに、障害者の操作を支援するUniversal Accessがある。この中にさまざまな機能がある中で、内蔵読み上げ機能VoiceOverなどが大きく改良された。これまで機械的な発音に違和感を感じさせられていたが、新しい読み上げ機能は抑揚や息継ぎの間などがとても自然に響くよう改良が加えられた。

しかし、この部分は残念なことに、まだ日本語の読み上げに対応していない。現在、日本語に対応させる研究は進んでいるというが、Leopardの正式リリースまでに完成できる見通しは立たないという。 

ユ-ザー思いのOSとアプリケーションを提供するのがアップルの身上だ。せっかくシステム全域で使い勝手が向上しているのに、日本だけ取り残されるのは残念で仕方がない。この際、是非奮起を願いたいと思う。

(次週8月15日、次々週8月22日は休載します)