PR

 相手に必ず読んでもらいたいメールがある。読み忘れないようにするなにかいい方法はないものか。こんなときは、メールに「重要!」の印をつけて目立たせるとよい。

 Outlook Expressでは、送信するメールに、「重要度」を設定することができる。標準では「通常」だが、「高」や「低」などを設定できる。「低」を設定することはまずないだろうが、「高」にして送ったメールは、メール一覧でも重要度マークとして赤い「!」が付くために目立つ。

 この重要度を設定するには、作成中のメール作成画面、ツールバーにある「重要度」ボタンを1回クリックする。クリックを繰り返すと、高/通常/低が切り替わる。作成画面の横幅が狭くてこのボタンが見えないときは、「メッセージ」メニューから「重要度」→「高」を選択しよう。どちらも設定後は画面に「このメッセージの状況:重要度が‘高’に設定されています」と表示され、設定されたことがわかる。

図1 重要度を設定するには、作成中のメール作成画面、ツールバーにある「重要度」ボタンを1回クリックする


図2 すると、メール作成画面に「このメッセージの状況:重要度が‘高’に設定されています」と表示される。これで重要度が設定できたことになる。あとはいつもどおりにメールを完成させて送る


図3 重要度が「高」に設定されたメールを受信すると、メール一覧で、メールの先頭に赤色の感嘆符「!」が付いて表示される。これなら目立つだろう