PR

 前回紹介した単票フォームのほかにも、簡単に作成でき、利用価値の高い既定のフォームがまだまだある。今回は、「分割フォーム」と「複数のアイテム」、2つのボタンから作成できるフォームを紹介していくことにしよう。

機能を合体させた分割フォーム

 前回にも登場した「商品」テーブルをもとに、まずは分割フォームを作ってみよう(図1)。分割フォームはAccess 2007の新機能で、上段にデータシートビュー、下段にフォームビューを同時に表示可能なフォームだ。分割表示された2つのフォームは連携しており、データシートビューでフィールドを選択すれば、そのフィールドに該当するレコードがフォームビューに表示される。もちろん、データの修正も可能だ(図2~図3)。

 例えば、データシートビューで全体のデータを確認しつつ、細かな編集作業をフォームビューで行いたい場合などに役立つだろう。

図1 ナビゲーションウィンドウの「商品」テーブルを選択し、「作成」タブの「分割フォーム」ボタンをクリックする
図2 データシートと単票形式が連動した形のフォームが、レイアウトビューで表示される。フォームビューでは現在1件目のレコードが表示されている。ここで、データシートビューの3件目の「単価」フィールドをクリックしてみる
図3 フィールドを選択すると、フォームビューには3件目のレコードが表示され、「単価」フィールドが選択された状態になる。データシート側で1円になっている単価を150円に修正して「Enter」キーを押せば、フォームビューの値も自動修正される