PR

 効率よく、かつ気持ちよく作業するためには、自分に合った操作環境を整えることも大切だ。今回は文書作りをちょっと離れ、ツールバーや画面のカスタマイズ機能をチェックしよう。さらに各種オプションの設定方法、ソフトが正常に動かなくなったときの対処方法も紹介する。

 Word 2007のツールバーは、画面左上にある「クイックアクセスツールバー」ただひとつ。初期設定では4つのボタンしか表示されてないが、よく使う機能を追加すれば、強力なアシスタントに変身する。

図1 作業に合わせて画面を使いやすくカスタマイズ。ツールバーによく使うボタンを追加したり、「開発」タブを表示したり、背景色も爽やかなブルーからシックな黒に変えられる

自分仕様のツールバーで操作をラクに

 クイックアクセスツールバーの強みは、常に表示されているところ。使用中のリボンに関係なく、コマンドを素早く実行できる。例えば、見開きページを頻繁に表示する場合は、「2ページ表示」のボタンを追加しておくと便利だ。

 追加の操作は簡単。リボン上で追加したいコマンドを右クリックし、「クイックアクセスツールバーに追加」を選べばいい。図2では「表示」タブの「2ページ表示」を追加した。なお、追加したボタンを削除するときは、ツールバー上のボタンを右クリックして「クイックアクセスツールバーから削除」を選ぶ。

図2 「表示」タブの「2ページ表示」ボタンを右クリックし、「クイックアクセスツールバーに追加」を選ぶ。これでツールバーに「2ページ表示」ボタンが追加される。「表示」タブに切り替えなくても、簡単に2ページ表示が可能

 「挿入」タブのコマンドを追加しておくのもお薦めだ。「表」ボタンをサブメニューごと追加してもいいし、「テキストボックスの描画」のように、サブメニュー内のコマンドだけを追加することもできる。これで表やテキストボックスを作成する際に、いちいち「挿入」タブに切り替えなくて済む。

図3 「表」ボタンのようにサブメニューがある場合は、それごと登録される。「テキストボックスの描画」のように、サブメニューのコマンドだけを登録することも可能

 クイックアクセスツールバーは、リボンの下に移動することもできる。文書の表示領域は狭くなるが、この位置のほうが選びやすいと思う。好みもあるので、適時切り替えよう。旧バージョンのように画面の上下左右に移動できればいいのだが、残念ながら表示位置は2カ所だけだ。

図4 ツールバーの位置は右端のボタンで変えられる。ドラッグで移動できないのはちょっと不満。詳細設定するときは、「クイックアクセスツールバーのカスタマイズ」をクリックする

文書ごとにツールバーを使い分ける

 ボタンの順番を入れ替えたり、間に区切り線を入れたり、リボンにないコマンドを選ぶときは、ダイアログボックスを開く。ツールバー右端のボタンをクリックし、「クイックアクセスツールバーのカスタマイズ」を選べばいい(図4参照)。

 ダイアログボックスでは左側にコマンド一覧、右側にツールバーの内容が表示される。「追加」ボタンや「削除」ボタンで、好みのツールバーを作っていこう。

図5 「ユーザー設定」では、コマンドの追加や削除、順番の入れ替え、区切りの挿入などができる。区切り線を入れるとツールバーが見やすくなる。「リセット」ボタンで初期状態に戻すことも可能

 作成したクイックアクセスツールバーはすべての文書に表示されるが、ある文書専用のツールバーを作ることも可能だ。その場合はまず、「すべてのドキュメントに適用(規定)」を特定の文書名に切り替える。ツールバーの内容がクリアされたら、その文書で使いたいコマンドを登録しよう。選んだコマンドは規定のツールバーに追加され、指定した文書にだけ表示される。特定の文書でしか使わないコマンドは、このように文書に依存させるのが賢明だ。

図6 文書「森の通信.docx」を指定して、2つのコマンドを登録した。コマンドは規定のツールバーに追加され、「森の通信.docx」を編集するときにだけ表示される