PR

 売上データや住所録の抽出に欠かせない「オートフィルタ」。Excel 2007の「リボン」インターフェースになって、そのオートフィルタの操作性が格段に向上したことは前回お伝えしたとおりだ。今回は、セルやフォントの色、条件付き書式で設定したアイコンの種類によってデータを抜き出すちょっと変わった抽出を見てみよう。

セルの背景色や文字色で抜き出す「色フィルタ」

 オートフィルタを検証しているとき、見出しに表示された矢印をクリックすると「色フィルタ」という選択肢が現れることに気づいた。これは、バージョン2003までのExcelにはなかったものだ。

 Excel 2007では、セルの背景や文字に色を設定している列の場合、ここにマウスポインターを合わせると設定した「色」がカスケードメニューで表示される。つまり、データだけでなくセルの書式の一部である「色」でもデータを抽出できるようになったわけだ(図1)。

図1 背景色やフォント色を設定したセルを含む列では、オートフィルタ機能を使って色でデータを抽出できる

 考えてみれば、「納品済み」「入金が遅れている」など、自分で決めたルールに従って表のセルを色分けしている人は、決して少なくないはずだ。こうした人にとっては、「色」を抽出条件に設定できれば、自分が注目したいデータだけを簡単に抜き出せるようになる。

 また、細かいことだが、抽出された列では矢印の絵が変わるようになった点も嬉しい。今までは▼の部分が青くなるだけで、ぱっと見ただけではどの列で抽出しているのかが正直分かりづらかった。これならはっきりと抽出を実行した列が分かる(図2)。

図2 セルの背景色が紫であるデータだけを抽出した例。抽出された「日付」の列では、矢印の絵が変わるため、この列を基準にフィルタを実行していることがひと目で分かる

条件付き書式の「カラースケール」とも連携できる

 色でフィルタを実行できると聞いて、真っ先に連想されるのが「条件付き書式」だ。Excel 2007になって条件付き書式の機能が大幅に拡張されたことは、本連載の第4回、第5回でお伝えしたとおりだ。この条件付き書式の「カラースケール」を利用してセルのデータをランクごとに色分けした列では、色フィルタを実行すれば、指定したランクのデータを抽出できる(図3)。

 なお、カラースケール以外の条件付き書式を使って背景色を設定した場合は、どういうわけか「色フィルタ」を適用できなかった。同じ条件付き書式でも文字に色を付けた場合は「フォントの色でフィルタ」欄に問題なく表示されるのだが・・・。これは、ベータ版では開発途中ということだろうか。製品版ではどのように変更されるのかが大いに気になるところだ。

図3 条件付き書式の「カラースケール」が設定された列では、カラースケールで使われている色を選んでフィルタを実行できる