PR

 「ブラウザーでWebページは見られるのにメールができない、という問い合わせも多い」(ニフティ)。まずは設定画面を確認しよう(図1左)。設定が正しければ疑ってみるのは「POP before SMTP」。電子メールの受信を一度もしなければ送信を受け付けない仕組みだ。メールを受信することでユーザーを認証しているのだ。この仕組みを採用しているサーバーだと、受信の前に送信はできない。送信の前にまず受信をすれば解決だ(図1右)。

【Web、メール受信OK! されど送れない】
拡大表示
図1 Webページが見られるのにメールが送受信できない、送信だけできないということもある。まずはメールソフトの設定を見直そう。設定に必要なのはPOP、SMTPサーバーのアドレスと、IDとパスワードの4項目だけだ(左図)。別なプロバイダー経由でメールを利用する際、送信だけできない場合は、いったん受信操作をする(右図Outlook Expressの例)。これはPOP before STMPというプロバイダーのセキュリティ対策だ