PR

 Accessのフォームで使われるカラーといえば、グレーと白が基本。多少の色を添えるものといえば、タイトルバーの青ぐらいのものだ。エンドユーザーが業務処理用に作るデータベースでは、まずデータベースシステムが目的通りに動作するように作り上げることがメインで、とてもデザインまで気を配る余裕がない場合も多い。実際のところ、簡単でなおかつ効果的なデザインを設定するための機能は搭載されていなかった。

 Access 2007では、硬派なビジネスユースの枠を逸脱しない範囲で、ビジュアル面が強化された。特にフォームでは、従来のオートフォームよりデザイン性の高いクイック書式が使えるようになった。デザインビューでの作業も視覚的に操作しやすく改良されている。今回はこうしたビジュアル面を中心にAccess 2007をチェックしていこう。

フォームデータに条件付き書式を設定

 フォームをレイアウトビューに切り替えると、リボンの表示が自動的に「フォームツール」の「書式設定」タブに変わる。「条件付き書式」ボタンはこのタブの中にある。例として、生徒の試験結果を一覧表示するフォームをもとに、条件付き書式を用いて、合計得点が全員の平均点より下回る生徒の合計フィールドに色をつける処理を行ってみた(図1~図3)。

 条件付き書式はAccess 2003にもあった。しかしセルの背景や文字色など使える色数が大幅に増えたこと、そしてフォームのデザインが変わったことで、視覚的な訴求効果がアップしているように思える。

図1 レコードが一覧表示されているフォームを、レイアウトビューで表示する。「合計」フィールドのいずれかのデータを選択し、「条件付き書式」ボタンをクリックする
図2 条件1に、フィールドの値が合計の平均値よりも下回る場合には、セルの地色が薄い赤に変わるように書式を設定し「OK」ボタンをクリックする
図3 合計が平均点よりも下回る4人のデータが、指定した色で塗りつぶされた

クイック書式で簡単デザイン

 フォーム外観のデザインを変更できる「オートフォーム」が進化し、「クイック書式」として生まれ変わった。「書式設定」タブの右端に「クイック書式」グループがあり、ここから簡単な操作でフォームのデザインを変更できる(図4~図6)。Office 2007の特徴のひとつに「ライブプレビュー」機能がある。メニューに一覧表示されたデザインの上にマウスポインターを重ねるだけで、リアルタイムに設定が反映されるというものだが、残念ながらクイック書式にはこの機能がサポートされていない。

図4 既定のフォームにクイック書式を設定する。「クイック書式」グループ右端下にあるをクリックする
図5 書式の一覧が表示されるので、適当なものを選択する。ここでは「クイック書式 4」を選んだ
図6 フォームに書式が設定された。フォームの地色や表の配置、フォントの書式など、選んだデザインによってさまざまなパターンが設定できる