PR

 表は文書にとって重要なアイテム。一覧表や集計表といった一般的な役割だけでなく、見出しやレイアウトに利用することも多い。それだけに表作成の新機能は気になるところだ。プロ品質と評判の表スタイルは果たして実用的なのか、リボンでの操作はスムーズか。いくつかの表を作って検証してみよう。

図1 文書内の表はさまざまな用途で使われる。表によってスタイル設定の方法を変え、効率よく作業したい

 Word 2007の表作成機能でユーザーの注目を集めているのは、新しく組み込まれた表スタイル。基本的には旧バージョンの「表のオートフォーマット」と同じだが、各スタイルのデザイン性が高く、リボンのギャラリーから手軽に選択できるのが魅力だ。まずは新しい表を作り、このスタイルを設定してみよう。変則的な表にも使えるか試してみる。

リボンでの操作はいい感じ

 表は「挿入」タブの「表」ボタンで作成する。ボタンをクリックするとお馴染みのマス目が表示されるので、行と列を選べばいい。なお、旧バージョンではマス目を右下までドラッグすると行や列が増えていったが、Word 2007では広がらなかった。これが仕様だとすると、大きい表は「表の挿入」で行数や列数を指定しなくてはならず、ちょっと不便だ。

図2 「挿入」タブの「表」ボタンで行と列を指定する。表の枠組みはライブプレビューで確認できる。頻繁に表を作るなら、前回紹介したようにクイックアクセスツールバーに「表」ボタンを追加しておくと便利

 表を挿入すると、リボンに「表ツール」の2タブが表示される。「レイアウト」タブには、これまで「罫線」メニューに埋もれていた挿入や削除のボタン、また文字配置の全ボタンが表示され、操作はなかなか快適だ。基本的な機能に変化はないので、文字入力や列幅の変更、セルの結合や分割、計算式の設定などは従来通りに行える。

図3 文字を入力し、列幅などを変更する。「レイアウト」タブには、行と列の挿入、文字の配置、タイトル行の繰り返し、計算式のボタンなどが表示され、操作しやすい。ここでは2つの表を作成した