PR

 グラフは、Excel 2007になって最も大きく変わった機能のひとつだ。グラフィックエンジンの刷新によって、グラフの外観が比べ物にならないほどスマートになったことはご覧の通り。

 また、操作手順においても、ウィザードを廃止したことによる変化は大きい。当初は戸惑うかもしれないが、設定項目がツールバーとウィザードに分散していた従来のバージョンよりも、リボンに集約された2007のほうが、慣れれば確実に作業効率は上がるものと思う。そこで、そんなExcel 2007のグラフ機能について、今回と次回の2回に分けて改良点をご紹介しよう。

ウィザードなしで一発作成

 まず特筆すべきは、グラフウィザードがなくなったことだ。今まではグラフをウィザードで作っている人が圧倒的に多かったものと思う。「ウィザード」とは、直訳すれば「魔法使い」。指示されたとおりに質問に答えていけば出来上がる操作の仕組みのことだ。あたかも賢者に導かれるように、初心者でも正しく操作できるよう配慮されているわけだ。

 ところが、ウィザードには、指定不要の項目ばかりが並ぶ画面であっても、とりあえず通過しなければならないデメリットがある。操作に慣れた熟練ユーザーにとって、ウィザードはこの点で非常にまどろっこしかった。

 そこでExcel 2007のグラフでは、ウィザードをやめてしまった。グラフにしたい範囲を選択しておき、リボンの「挿入」タブに並んだ種類から適当なものを選ぶと、すぐさまベースとなるグラフが表示される(図1)。

 ただし、作成されたグラフには、グラフタイトルや「単位:円」と言った軸のラベルが見当たらない(図2)。これは、必要に応じて後から追加する仕組みになっているからだ。

拡大表示
図1 グラフにしたいセル範囲を選び、「挿入」タブでグラフの種類を選ぶ。従来の「円柱」「円錐」「ピラミッド」がそれぞれ「縦棒」「横棒」に分類しなおされたほかは、グラフの種類は特に増えていない
拡大表示
図2 グラフが作成された。従来のバージョンと比べて、フォントや色使い、プロットエリアのデザインなどが自然で洗練されている

全体の外観を「デザイン」タブで指定

 グラフが作成されると、リボンの上部に「グラフツール」と表示される。これはグラフ部分を選択しているときにだけ表示されるもので、グラフの詳細を設定するのに使う。「デザイン」「レイアウト」「書式」のそれぞれのタブをクリックすれば、グラフのデザインや細部を好みどおりに仕上げることができる。まずは、それぞれのタブで何ができるかを見ていこう。

 グラフ全体の体裁を決めるには、「デザイン」タブで操作する。作成直後のグラフにはタイトルや軸のラベルが表示されていない。個別に表示させてもいいが、「グラフのレイアウト」をクリックすると、タイトルや凡例の位置、目盛り線の有無などがバランスよく配置されたレイアウト例を選ぶことができるので効率がよい(図3)。

拡大表示
図3 「グラフのレイアウト」から、グラフタイトル、凡例、目盛り線などの体裁を選ぶ。タイトルや軸ラベルは、仮に表示されたテキストを削除してから入力しよう

 色やグラフの外観は「グラフのスタイル」から選ぶ(図4)。同系色でまとめたもの、カラフルなもの、背景がダークなものなど色々あるので、グラフの利用目的や内容に応じて選ぶとよい。なお、配色の組み合わせは「ページレイアウト」タブでテーマを変更するとガラリと変わる(図5)。いまひとつイメージが違うという場合は、テーマを変更してみるのも手だ。

拡大表示
図4 グラフ全体の色遣いは「グラフのスタイル」から選択する
拡大表示
図5 「ページレイアウト」タブでテーマを変えると、使われる色の組み合わせが変更されるので、与える印象を変えることができる