PR

 Excel 2007になってグラフ機能がダイナミックに変更されたことは、前回の通りだ。グラフウィザードを使う方法をやめてすばやく作成できるようになった点、そしてこれまでとは比べ物にならないほど見栄えのするグラフが描けるようになった点は注目に値する。では今回は、使いやすくなった機能について細かく見ていきたい。

設定は右クリックが便利

 色や配置など、グラフ各部の書式は、書式設定の画面を表示して指定する。この点は従来のバージョンと同じだが、2007では、書式設定画面で指定した内容がその場ですぐに反映されるようになった。

 書式設定画面を表示するには、従来通り右クリックが手っ取り早い。グラフ要素を選んだ状態で右クリックし、表示されるショートカットメニューから「○○の書式設定」を選択すればよい。ここでは、棒グラフにグラデーションが付いた背景色を設定している。設定画面を閉じなくても、設定後すぐに書式が更新されるので、イメージどおりでない場合は別のデザインを選びなおすことも可能だ。また、2007になってグラフィックスの指定をより微細に行えるようになった(図1)。

拡大表示
図1 ここでは、棒グラフの色にグラデーションを設定した。棒グラフを選んで右クリックし、「データ系列の書式設定」を選ぶ。続けてグラデーション付きの塗りつぶしを選択し、グラデーションの種類を見本から指定すると、その場ですぐにグラフの色が更新される。さらにグラデーションの境目である「分岐点」を指定するなど、より細かな設定も可能になった

絵入りのボタンで初心者にも分かりやすい

 Excelのグラフ作りでは、「プロットエリア」「データラベル」「軸」「目盛線」といった要素の名前が数多く登場する。そのため、Excelで思い通りのグラフを作るには、まずそれらの名称がどこを指すのかを把握しておかなければならなかった。また、各要素を正しく選択しておかなければ肝心の設定画面を開くことができない。この段階でめげてしまった初心者ユーザーも大勢いるのではないだろうか。

 ところが、Excel 2007ではガラリと変わった。「レイアウト」タブに並んだボタンが絵でどの部分かを示してくれるので、グラフ要素の正確な名称を知らなくても設定個所を探せるようになった。また、リボンのボタンを使う際は、事前に設定個所を選択しておく必要がないのも嬉しい。これならグラフ作りに不慣れなユーザーでも迷わず設定できるだろう(図2)。

 なお、「グラフツール」と書かれた一連のタブが表示されないときは、グラフがアクティブになっていないので注意されたい。これらのタブは、グラフエリアをクリックすれば表示される

図2 グラフの詳細を設定するには、リボンの「レイアウト」タブのボタンを使う。絵と簡単な説明が入っているのでExcelグラフの用語を知らない人でも設定できる

散らばっていた操作がまとめられた

 これまでExcelのグラフは設定個所が分散していて、お世辞にも操作の効率が良いとはいえなかった。Excel 2007ではこれがかなり改善されている。例えば縦軸のラベルひとつ設定するにも、「ラベルを表示する」操作と「ラベル内の文字を水平にする」操作は別々の画面を開いて指定しなければならなかった。これが2007では、リボンから1回操作するだけで水平な軸ラベルを表示できるようになった。

 なお、細かいところでは従来の項目軸を「横軸」、数値軸を「縦軸」と呼ぶように、名称が変更された。「項目軸」「数値軸」より素直で初心者には馴染みやすいものと思う。

図3 リボンの「レイアウト」タブで「主縦軸ラベル」→「軸ラベルを水平に配置」と選択すると、最初から文字方向が水平になったラベルが表示される。従来は、ラベルをいったん表示させてから、書式設定画面を開いて文字方向を変える必要があった