PR

 まず質問に答えてください。

(問1)パソコンを2台以上持っている
(問2)その2台を同じ机に並べて使っている

 2問とも答えが「イエス」だった方。もしもあなたが「Synergy」の存在を知らないとしたら、それは“人生の損失”と言ってもいいかもしれません。「Synergy」で、2台使いの方の作業効率が格段にアップします!

 「Synergy」とは何かって? その正体は、無料で使えるパソコン切り替えソフトのこと。要は、一組のキーボードとマウスを、LANでつながった複数のパソコン間で共有できるようにするフリーソフトです。「そんなの、専用のパソコン切り替え器があるじゃないか」。意見はごもっとも。ですが、Synergyはちょっと違うんです。

 その効果のほどは、百聞は一見にしかず。 とにかく、まずは下の動画をご覧ください。

 いかがです? あるパソコンにつながったマウスをディスプレイの端まで動かし、さらに端を過ぎて動かそうとすると---。あら不思議、もう1台のパソコンにつないだディスプレイ上のカーソルがマウスの動きに反応して動き出します。この状態でキーボードをたたけば、カーソルが今ある方のパソコンで文字が入力されます。もちろん、カーソルを元のディスプレイ上へ戻せば、マウスとキーボードは通常通りの動作に戻ります。

 驚くべきことに、SynergyはMacintoshやLinuxでも動作します。iPodブームに乗ってMacintoshを使い始めたユーザーもきっと多いはず。そんなユーザーにもSynergyはピッタリ。Windowsパソコンのキーボード/マウスでMacintoshを操作したり、逆の操作もOKになるわけ。かくいう私も、仕事上WindowsとMacintoshを併用しており、Synergyのおかげで今や私のWindowsパソコンのキーボードとマウスは、お飾りの状態です。パソコンごとにいちいちキーボードとマウスを使い分けなく済むわけですから、複数台のWindowsパソコンをお使いの方はもちろん、WindowsとMacintoshの両刀使いの方にとってもSynergyは重宝するでしょう。

 ちまたで買えるパソコン切り替え器は、一組のディスプレイ、キーボード、マウスを複数のパソコンで切り替えるのが主目的の装置です。装置上のボタンを押すと、ディスプレイががらりと別のパソコンのものに切り替わり、連動してキーボードとマウスも切り替わった方のパソコン用にスイッチします。一方Synergyは、ディスプレイをパソコンごとに用意した環境下で、LANを通じてキーボードとマウスだけを共有するものです。ディスプレイを並べて使うことがさして贅沢でなくなり、家庭内LANも当たり前になった、まさに現代にぴったりのパソコン切り替え器(ソフト)と言えなくもありません。

 Synergyのインストールは大して難しくありませんので、ここでは詳しくは述べません。ソフトは、ダウンロードサイトで入手できます。もし設定方法が分からなければ、検索エンジンサイトで「synergy インストール」などと調べればすぐに見つかるはずです。ご興味を持たれた方は、ぜひお試しあれ!

一組のキーボードとマウスで複数のパソコンを操作
Windowsを搭載したノートパソコン、デスクトップパソコン、Macintoshの3台を並べ、すべてにSynergyをインストール。すると、真ん中のデスクトップパソコンのマウスを左右に動かすことで、ノートパソコンとMacintoshも操作できるようになる
うまく再生できない場合はダウンロード用ファイルをご利用ください。(Windows Media Playerのご利用を推奨します)