PR

 先日公開されたOffice 2007の更新プログラム(Beta 2 Technical Refresh 更新プログラム)では、PowerPoint 2007においても、いくつかの変更個所があった。

 そこで、今回は、その変更個所を、これまでに紹介してきた内容に照らしていくつか紹介する。

あの機能が見つかった!

 以前、第10回「あの機能は、どこに行った?」と題し、PowerPoint 2007でなかなか見つけられなかった機能について触れたが、そこで例としてあげた「Microsoft Office Word」の機能(PowerPointで作った内容をWordに送って編集するときに使う)。気になっていたこの機能は、「Office」ボタンから簡単に実行できるようになっていた(図1、図2)。

 これなら、クイックアクセスツールバーにこの機能をわざわざ追加する必要はなくなった。

拡大表示
図1 「Office」ボタンの「発行」の中に、「Microsoft Office Wordで配布資料を作成」の項目を発見。クリックすると、Wordにスライドを配置するときのレイアウトを選択する画面が表示される
拡大表示
図2 Wordにスライドが貼り付いたところ

 また、同じくなかなか見つけられなかった機能として気になっていたスライドのタイトルをまとめて目次を作る“目次スライド”の機能だが…。

 これはPowerPoint 2007でなくなってしまったことが判明。目立たない機能だったとはいえ、なくなってしまったのは淋しい限りである。なお、ヘルプによると、目次を作るときは、各スライドのタイトルをコピーアンドペーストで作るとのこと。

互換モードについて

 前回「互換モードの機能と限界」で紹介した互換モードでの制限についても、様子が若干違う。

 まず、互換モードでは、プレースホルダ内の文字を段組みのレイアウトにすることはできなくなっている。これにより、プレースホルダの文字を段組みのレイアウトにしてしまったために従来のバーションのPowerPointで編集できなくなってしまう事態は回避される(図2)。

 他にも、プレースホルダに関しては、互換モードでは制限された機能もあり、プレースホルダ内の文字が編集できなくなることがないように配慮された様子がうかがえる。

 ただし、図形内の文字については段組みのレイアウトにすることは可能。そのまま保存してしまうと、従来のバーションのPowerPointでは、その文字が編集できなくなるので注意したい。

拡大表示
図3 [互換モード]ではプレースホルダの文字を段組みレイアウトにする機能などが制限されている