PR

混沌の館の無線接続は、単に動くだけでなく、どれもがスムーズに動く。オンラインゲームをはじめネット接続には何の問題もない。大広間のあちこちにギガビットスイッチを設置してあるので、それにイーサネットケーブルでつなぐこともできるのだが、ダン・スピサックも息子のアレックスも無線を使うことが多い。

もちろん、システムには極端な負荷をかけていない。2台以上のシステムで無線接続を使うことはあまりないし、3台以上のことはほとんどない。一番たくさん接続したときで4台だったと思う。文句が出たことは一度もなかったが、4人全員が重いダウンロードをしようとしたら、あまり満足のいく使用感は得られなかっただろう。

だが普通に使う分には、Belkinの「Pre-n」ルーターは「十分いい」をはるかに上回る。最終的に標準が決まり、その結果Belkinシステムがお蔵入りになっても、それまでの何年間かの利便性はコストを大幅に上回る。

大きい負荷にも耐える無線ネットワークがどうしても必要なら、苦悩に満ちたアドバイスをしてくれる記事があるから、それに注意を払うべきだ。しかし平均的な家庭の、普通のインターネット接続を無線でカバーしたいだけなら、Belkinの「Pre-n」を買い、それを設置して快適に使うことだ。推薦する。

Belkinの「Pre-n」無線ルーターを無造作に窓際に置いたところ。混沌の館にあるすべてのラップトップ機にインターネット接続を提供している

ピーター・グラスコウスキはこう付け加えている。

「Wi-Fiネットワークで動かすときに、他のPre-n製品と比べて複数アンテナとも言えるようなBelkinの装置の方がよく動くというのは明らかに普通ではない。それ以外の製品をPre-nモードで使うと、その範囲内にある他の802.11bネットワークが動かなくなる現象が見られるのだ」。

参考:How to jam your neighbor’s Wi-Fi legally802.11n Revealed: Part 1 - The Real Story on Throughput vs. Range

「だから、潜在的なユーザーには、以下のアドバイスをしたい。まず、信頼できる雑誌や機関が最近公表したテストに基づいて、Pre-nハードウェアを慎重に選ぶこと。次に、Pre-nモードを使ってまで速度やカバー範囲を得る必要がないなら使わないこと。そして隣人のWi-Fiネットワークに影響を与えかねないことに注意しよう」。

いずれも有効なアドバイスだと確信している。ただし私の場合は、隣人にまったく影響を与えたことはないと思う。というのは、私が隣近所に注意を促しても、彼らはまったく無防備なシステムを動かし続けているからだ。