PR

 Office 2007では、グラフなどの図形を画面に描画する「グラフィックエンジン」が一新された。今までは表現できなかったグラデーションや、淡い中間色などを使えるようになったので、より美しい文書作成が可能になった。こうした新しい描画機能は、Excelユーザーからすると過度な装飾と感じるかもしれない。実は新しいグラフィックエンジンや、同じく新機能のSmartArtグラフィックなどは、PowerPointの開発チームが中心となって作成された機能だ。確かに、プレゼンテーション資料を作成するPowerPointにとっては、待ちに待った機能かもしれない。Office 2007共通の機能として実装された「テーマ機能」を、Excelでどう使うか見てみよう。

テーマが影響するモノ

 テーマを変更すると、何がどう変わるのだろう。ワークシート上に「グラフ」「スマートアート」「図形」「ワードアート」を配置して、実際に試してみよう。

拡大表示
図1 ワークシート上にグラフや図形などを配置したところ。最初は標準の配色で表示される
拡大表示
図2 「ページレイアウト」タブを開き左端の「テーマ」をクリックする。マウスポインターを合わせるだけで配色が変化する
拡大表示
図3 テーマを変更したところ。色だけでなく文字のフォントも変わっている

 テーマを変更すると「グラフ」「スマートアート」「図形」「ワードアート」の配色が変わる。選択したテーマによっては文字のフォントも変更される。テーマは「配色」「フォント」「効果」の三要素で構成されているので、それぞれを個別に設定することも可能だ。

拡大表示
図4 配色だけを変更することも可能

 気に入った配色が見つからないときは、独自の配色を作成して保存することもできる。

図5 独自の配色を作成するダイアログボックス
図6 独自のフォントセットを作成することも可能

 こうして作成した配色やフォントは、組み合わせて独自のテーマとして保存できる。