PR

 Outlook Expressの「連絡先」と「アドレス帳」。いっけん同じもののように思えるが、なぜか登録者の名前の並び方が異なることがある。「アドレス帳」でアドレスをうまく並べ替えるコツを紹介しよう。

 「アドレス帳」には、ふりがな情報を登録する欄がある。実はこのふりがな、連絡先では無視されるのに、アドレス帳では並べ替えの対象とされるのだ。異なる点は他にもある。連絡先では表示名の昇降順でしか並べ替えられないが、アドレス帳では、「名前」「電子メールアドレス」「勤務先電話番号」「自宅電話番号」の4種類で順序を決められる。アドレス帳画面のそれぞれの項目名の上をクリックすると、一定のルールに沿った順序で並べ替わる。面白いのは「名前」だ。「姓」と「名」が、別々にそれぞれの昇降順になる。また、表示名はアルファベットでも、ふりがなをかなで登録していると、「A」ではなく「あ」の位置に表示される。

 アドレス帳でうまく並べるには「フリガナ」の登録が有効だ。しかし、受信したメールから返信した際の自動登録(初期設定では有効になっている)や、差出人の登録(受信したメールの上で右クリック→表示されるメニューから「送信者をアドレス帳に追加する」を選択)では、ふりがなまでは登録されない。しかも、差出人の名前の記述によっては、姓名がまとめて名のほうに登録されてしまう場合さえある。並び方がおかしいと思ったら、ふりがなや姓名欄を確認してみよう。

図1 「連絡先」(左)と「アドレス帳」(右)では、登録されているメンバーの並び方が異なっている

図2 「アドレス帳」では「フリガナ」が登録されていると並べ替えに反映される


図3 「名前」「電子メールアドレス」「勤務先電話番号」「自宅電話番号」の上をクリックすると、下の表の順で並べ替えが繰り返される。画面は「名前」を姓の降順で並べ替えたところ

図4 「桜井晴信」の位置がおかしい

図5 ダブルクリックしてプロパティを開いてみると、ふりがなが登録されていない。「フリガナ」ボタンを押してふりがなを登録だ

図6 ふりがなを登録すると、自動的にふりがな情報を元に並べ替えられる