PR

 インターネット上のウェブサイトを見て歩いていると、ブラウザに表示されたウェブページのなかに、「E-mail」や「メールはこちらから」などの記述に気づくことがあるだろう。これらの記述から、ウェブサイトの持ち主宛にメールを送ることができる。

 とはいえ、メールアドレスが書かれていればそのアドレスをコピーしてメールソフトからメールを送ることができるだろう。しかし、「E-mail」や「メールはこちらから」と書かれた場合はどうすればいいのか。

 答えは簡単だ。書かれた部分にマウスポインターを合わせ、ポインターがリンク箇所を示す形に変るなら、その部分をクリックすればよい。ウェブサイトによってはメールではなくメッセージを送る「フォーム」ページが表示されることもあるが、リンク部分にメールアドレスが登録されていると、自動的に「宛先」欄にアドレスが入った状態で新規のメール作成画面が開く。後はいつもどおりにメールを完成させて送信すれば、ウェブサイトの持ち主にメールを送ることができる。

図1 ウェブページにかかれた「メールはこちら」のなかの「こちら」にマウスポインターをあわせると、カーソルの形状がリンクがあることを示す形に変る。そのままクリックだ

図2 すると、ブラウザのオプション画面のメール用プログラムに登録されているメールソフトの新規メール作成画面が開く。Outlook Express(OE)ならOEの作成画面だ。このとき、宛先欄には、リンク部分に登録されていたメールアドレスが自動的に挿入される