PR

 「あなたが知っているメールソフトの名前は?」と聞かれると、ウィンドウズユーザーのほとんどが「アウトルック・エクスプレス」(OE)と答えるだろう。しかし、無料で使えるメールソフトはOEだけではない。独自の機能を持つメールソフトがいくつも存在する。そのなかで、ニュースやブログの情報を集める「RSSリーダー」機能を持つものを紹介しよう。

 ブログやニュースのなかには、更新情報を「RSS」という形で配信しているものがある。このRSS情報をメールを受信するかのように収集できる機能を持つのが「Thunderbird」(読:さんだーばーど)だ。わざわざいろんなニュースサイトやブログページを読みに行かなくても、読みたいサイトの情報がメールを読むのと同じ感覚で知ることができる。もちろん、OEのようにメールの送受信も可能だ。

 また、「Thunderbird」には、迷惑メールを自動的に排除する機能がある。それには学習機能も備わっており、迷惑メールの振り分けをこなすことで識別基準をどんどん学習していく。これによってより正確な選別ができるようになる。

Thunderbirdの入手先:http://www.mozilla-japan.org/

図1 Thunderbirdの画面。OEのように画面の右側にはメール一覧とプレビュー画面が、左側にメールの送受信フォルダが並ぶ。送受信フォルダの上にある「ニュースとブログ」欄で、ニュースサイトはブログページの新着情報を管理する