PR

 マイデータをDドライブに引っ越して、システム(Cドライブ)と保存ドライブを分離する。好調時のシステムのバックアップを一つのファイルにまとめた「イメージファイル」もDドライブに置くことにした。

 これで、「動作が遅くなる」「突然操作不能になる」というシステム不調に陥っても、イメージファイルからシステムを好調な時点のものに復活させられる。しかも、その際にマイデータは消えず、不調に陥る瞬間まで使っていた最新のマイデータが手元に残る。

ただ、この方法にも欠点がある。「Dドライブが故障して、使い物にならなくなったら…」ということだ。ハードディスク(HDD)はパソコンを構成する部品の中で比較的壊れやすい。このため、Dドライブが壊れるという危機に直面するユーザーは少なくないはずだ。

 Dドライブが壊れたらマイデータが消えてしまう。何時間もかけて作った文書、大事な電子メールの情報、友人に暑中見舞いや年賀状を書くためのアドレス情報、記念に撮影していたデジカメの写真やビデオ動画などが跡形もなくすべて消える。

 システムが好調なときに取ったイメージファイルも消失する。万一、Dドライブが壊れ、同時にシステムも不調に陥ったら、どうなるか。好調な状態に回復させるには、パソコンに付属する「リカバリーCD」を使って購入時の状態にシステムを戻さなくてはならない(CD-ROMではなく、HDDのユーザーには見えない領域にリカバリーCDの原本を収めたパソコンも多い)。加えて、インターネット接続やメールの設定を行い、使っていたアプリケーションを一からインストールし直すという過酷な作業が待ち構えている。

もちろん、賢明な読者ならば、Dドライブが壊れてしまう前に、Dドライブに保存しているマイデータとイメージファイルを、DVDやCDに丸ごと焼いて保存しておけばよいと思うだろう。イメージファイルはシステムが好調なときに作るものなので、1年に何十回もやる作業ではない。DVDやCDにバックアップしても手間はあまりかからない。

 問題はマイデータである。マイデータは、イメージファイルよりも重要。だから、マイデータだけはなんとしても死守しなければならない。しかし、映像や音楽がマイデータに含まれていると、そのデータ量は数10GBにもなる。パソコンの利用頻度にもよるが、マイデータは頻繁に更新されることが多いので、バックアップの頻度も高めざるを得ない。これは骨が折れる作業だ。

 しかも、バックアップし終わった後には、何枚ものDVDやCDの山を整理する必要がある。考えただけでうんざりだ。

 このように、Dドライブのデータ、特にマイデータをDVDにバックアップすればよいことを頭では理解できても、実行に移すには二の足を踏んでしまう。

 手間をかけず、手軽にDドライブの故障からマイデータを守りたいなら、「マイデータを瞬間コピーする」必要がある。

※実際に、バックアップ、リカバリーをする際にはパソコンの不調に備える基本から手順を追って操作してください。