PR

 Windowsの動作が重い、頻繁に画面がフリーズする、ソフトの一部の機能がうまく動かなくなった…。パソコンをある程度使い続けている人なら、こんな不調に見舞われた経験が一度や二度あるのではないだろうか。原因と対処法が分かれば修復を試みるけれど、自分では手も足も出ないことだって珍しくない。

 そんなときの奥の手が「リカバリー」だ。一般的にはシステムを購入時の状態に戻すことを指し、ほとんどのパソコンにはこの機能がある。少し前までは「リカバリーCD」と呼ぶ付属のCDを使うことが多かったが、現在ではハードディスク(HDD)の一部にリカバリー用のデータを格納している機種が多い。これでCドライブを上書きすれば、システムを清く正しい状態に戻せる。

 だが、実はこの方法には大きな落とし穴がある。多くの人は、デジカメ写真やメールなどの「マイデータ」もシステムと同じCドライブに保存する「なんでもCドライブ」派のはず。Cドライブを購入時の状態に戻すということは、マイデータが泡と消えるということに他ならない。いくら泣こうがわめこうが、デジカメ写真もメールのデータも、苦労して作ったOffice文書も戻ってこない。

 ここでは、こんな悲劇を回避するためのとっておきの策を紹介する。最新のマイデータを確保しつつシステムを好調時に戻す技、人呼んで「Dドライブ主義」だ。

【Dドライブ主義でマイデータを死守】

 Dドライブ主義の基本は、システムとマイデータの保存場所を分けること。Cドライブに置いていたマイデータは、そっくりDドライブに移そう。さらに好調時のシステムの状態を凍結し、同じくDドライブに置いておけば完成だ。

【システムとデータを別ドライブに分ける】
拡大表示
図2 「なんでもCドライブ」では、システム復元時に重要なマイデータが消えてしまう。「Dドライブ主義」なら、マイデータを失うことなくシステムを好調時に戻せる

 ただ、HDDが物理的に故障した場合、マイデータは失われる。これを避けたいときは、データの二重化などが必要になる。

 では早速作業に取りかかろう。まずは、Dドライブの準備だ。最初に、あなたのパソコンのHDDをのぞいてみてほしい。下図のうち、どのパターンに当てはまるだろうか。

【あなたのパソコンはどのタイプ?】
図3 主力製品のドライブ事情はメーカーごとに異なる。Cドライブしかない場合や、Dドライブがあっても容量が少ない場合は外付けHDDの購入をお勧めする。ソニーのパソコンのように大容量のDドライブがある場合は、それをそのまま利用するとよい

 Cドライブのみ、またはDドライブがあっても容量が少ない場合は、外付けHDD の購入をお勧めする。250GB程度の容量のものが、1万5000円前後から購入できる(2006年7月現在)。多少ふところは痛むが、USBケーブルで接続するだけなので手軽な方法だ。なおノートパソコンを外に持ち出すことの多い人は、外付けHDDも常に一緒に持ち歩く必要があることを考えて製品を選ぼう。

 上級者なら、内蔵HDDを追加したり、専用のソフトを使って同一のHDD内にDドライブを作成する手もある。

 一方、元々大容量のDドライブがある人もいるだろう。こんな人は、そのままそれを利用すればいい。

 なお外付けHDDを利用する場合、パソコンに接続すると、「D」ではなく、「E」や「F」などの記号(ドライブレターと呼ぶ)が割り振られることがある。

※実際に、バックアップ、リカバリーをする際にはパソコンの不調に備える基本から手順を追って操作してください。