PR

 先日、米グーグルがWebブラウザー上でワープロ、表計算データの編集ができる「Google Docs & Spreadsheets」を公開しました(関連記事)。実際に使ってみると、意外に“使える”ことに驚かされます。ワープロ機能では文書に表や画像を挿入でき、文字の大きさや色も自在に変更できます。表計算では罫線やセルの結合といった機能で表を作成できます。「Sum」「Average」「Count」といった関数も使えます。サービス自体は英語版ですが、日本語入力も問題なくできます。

 ネットを活用した機能として便利に感じるのは、複数のユーザーと同時にファイルを編集できること。例えば、同僚と共同でひとつの資料を作成するとします。これまでだったら、サーバーにWordの文書データを置いて、一人ずつファイルを開いて、順番に内容を記入していく必要がありました。これが「Google Docs & Spreadsheets」であれば、Google内に保存されたデータに複数のユーザーがアクセスして同時に編集できるのです。

 試しに、同僚と「Google Spreadsheets」上で特集記事の企画資料を作成してみました。まず、ベースとなるファイルを「Google Spreadsheets」で作成し、同僚に招待メールを出します。同僚が受けとったメールにファイルへのURLが書かれており、そこからアクセスできます。同時に編集作業をしてみると、自分が開いているファイルの上に、同僚が記入した内容が、リアルタイムで勝手に書き込まれていくので、最初は不思議な印象を受けました。それでも、スムーズに共同作業ができたため、素早く資料をまとめることができました。

 確かに、さまざまな面で不満はあります。例えば、表計算でグラフを作成できないし、既存のWordやExcelのファイルを読み込むと見た目が大きく変わってしまいます。ネット上で共同作業をすることは、セキュリティ面の問題や変更履歴が残らないといった不都合もあります。

 こうした問題はあるものの、今までは単にWebページを見るために使っていたブラウザーで、普通に文書や表計算のデータを編集できることは、純粋に驚きです。このまま機能が向上していけば、将来はあらゆるパソコンの作業をブラウザー上で実行できる時代がくるかもしれません。そうなれば、我々のパソコンの使い方、仕事のやり方も変えてしまう可能性があります。