PR

 基本的な速度測定方法は、あらかじめ決められたデータ量のファイルをダウンロードし、かかった秒数で割るというもの。ただし、これでは正確とはいえません。同じ時間に計測する人が集中すると速度は低下しますし、加入するプロバイダーと計測サーバーの間のネットワーク構成や混雑状況によっても速度が低下するためです。速度測定サイトはこうした影響を軽減する工夫をしています。

 例えば、RBB TODAYの速度測定サイト「speed.rbbtoday.com」では、同時に計測するユーザー数を3人で制限。それ以上のユーザーが計測しようとすると順番待ちになる仕組みを導入しています。計測サーバーもインターネット上の相互接続ポイント、IX(インターネット・エクスチェンジ)に直結。加入するプロバイダーによって受ける影響をできるだけ平準化しています。

 速度を遅くする要素が多いので「何回か計測し、速い数値ほど信用してよい」(RBB TODAYの伊藤雅俊編集長)と言えるでしょう。

【「RBB TODAY」の測定サイト】
RBB TODAYの速度測定サイト「speed.rbbtoday.com」。ネットワークの影響をできるだけ受けないよう、さまざまな工夫をしている