PR

20061103_0.jpg
WPC TOKYOのもう1つの楽しみ方と言えば・・・。やっぱり各社で出している製品の物色でしょう。たくさんあるものの中から自分のお気に入りのものを発掘するのも醍醐味。そんな中で古瀬お薦めのものをピックアップ!

20061103_1.jpg
これだけは譲れないという一押しはウィルコム!「W-ZERO3」「W-ZERO3[es]」です。今回、ウィルコム製品を展示していたブースは大賑わい。写真はやっとの思いで撮ることが出来た貴重な1枚です。何しろ人が多すぎて、なかなか「W-ZERO3」本体のところにたどり着けない・・・。人の波をかき分けかき分け、やっとのことで近づいてカメラをスタンバイ。さあ撮るぞ!と思ってカメラを構えたら…。ないんです。さっきまでは確かにあったはずなのに、ほんの何秒かの間に忽然と消えてしまったんです!なんでなのよー!と半ギレで辺りを見渡すと、遠くで人の良さそうな初老の方が、私が撮影しようとしていた「W-ZERO3」を嬉しそうに握りしめていました。

 そうですよね。私が興味を持っているのと同じ位、おじさんも気になっている製品なのよね。それもそのはず!

 「W-ZERO3」「W-ZERO3[es]」は、OSにWindowsを採用した多機能携帯電話。タッチパネル式の画面で、インターネットはもちろんのこと、WordやExcel、PowerPointの編集、PDFの閲覧までできます。プロバイダーに届くメールチェックや電話帳、スケジュールの管理もちろん、ブログの更新もできちゃいます。つまり、パソコンでできることが携帯でもほぼできてしまうんです!

 携帯で普通にWindowsが使えるとは画期的!なんて一人喜んでいたのですが、海外ではWindowsを採用している携帯電話がたくさん出ているんですって!知らなかった~。日本ではウィルコムが昨年のWPCで発表して一気に注目を集めたそうです。

 このようなパソコンのように多機能な携帯電話を「スマートフォン」と言います。発売当初はこういう多機能携帯電話はマニアにしか受けないんじゃないか?なんて心配されていたらしいのですが、実際に販売してみると品薄状態で行列ができるほどに。その後、NTTドコモやソフトバンクモバイルなどの携帯電話事業者がウィルコムを追いかけるようにしてスマートフォンを発表したのを考えれば、確実に多機能携帯が世に浸透してきていることが分かります。

 私は普段とても荷物が多いので、こういう小さめの多機能携帯があるとすごく助かります!仕事の台本やスケジュールもパソコンのメールに届くことが多いので、これがあれば日本全国どこに行っても連絡を受け損なうことがなくなるし、ブログの更新もこれがあればどんな場所でもじっくりとできそう!なにより、基本料金が割とリーズナブルなのも大きなポイントです。現在購入検討中です☆

20061103_2.jpg
 ほかにも会場を歩いていて気になったのは、iPod関連製品が多く出展されていたこと。iPod nano利用者としては見逃す訳にはいきません。ケースや傷防止シートなどのほか、専用のスピーカーも驚くほどたくさんありました。値段も1万円を切るものから3万5000円前後までと幅広く、iPodがいかに広い世代に浸透しているかが読み取れました。選択肢が広いってそういうことですもんね。

20061103_3.jpg
 ちなみに私が買いたいのはBOSEのスピーカー。音質もいいし、デザインに無駄がなくてどんなインテリアにでも溶け込みそう!

20061103_4.jpg
 ほかにも、地震が起きてもパソコンが倒れないように固定できるベタッとしたグミキャンディーのような感触の震動吸収シートや、なぜか携帯口臭チェッカーが販売されていたりと、ユニークなものも多数出展されていて感嘆の声を上げっぱなし。

20061103_5.jpg
 面白いものを見逃すまい!と汗だくになって会場を駆けずり回っている時にこんな微笑ましい脱力系看板を発見!「台北市コソピュータ同業協会」…。思わず力が抜けて笑いがこみ上げてきました!アジアを旅行するとよくこういう間違いを見かけますけど、こういうのを見つけるのもWPCの楽しみ方かもしれませんね。