PR

マイクロソフトはWindows Genuine Advantage(WGA)にちょっと手を加えて、合法的なユーザーを激怒させることなく不法コピーの問題を解決しようと試みている。

このWGAには、多くのユーザーがとても愉快とはいえない思いをさせられている。その1人がトンプソンだった。その声を聞いてみよう。

「私自身、WGAの犠牲者だ。私のXPライセンスキーが、海賊プログラムによって作られた無効キーと判断されたのだ。しかしそのキーは、マイクロソフトの代理店であるWagg-Edから直接提供されたものだ。マイクロソフトは今後も同種の間違いを回避できないだろう、と私は確信している」。

「さらに先日、私はXPの商用OEMコピーが不安定になるという経験をした。私は友人のジャスミンが持っているノートパソコンで、ハードドライブの内容を吹っ飛ばしてしまったのだ。私はWindows XPを最初から再インストールし、それをアクティベートしなければならなかったが、そんな目に遭うとは考えたこともなかった」。

「再アクティベーションは音声応答システム経由で、一見順調に進んでいるように見えた。Windowsは私に、アクティベートされたことを知らせた。ところが翌朝、システムをブートすると、そいつはXPがアクティベートされていないと言ってきたのだ」。

「私は20分を費やして、インドのどこかにいる非常に感じのよい女性と電話で話さなければならなかった。彼女にはノート機のモデル番号やシリアル番号などの詳細を話したので、私が不法コピーをインストールしようとしたのではないことは納得してくれたと思う。双方で長い英数字の文字列を読み上げ、Windowsが再アクティベートを認めるまでに長い時間がかかった」。

「こういう目にあっているのは私1人ではない。大勢の読者が、WGAと製品のアクティベートの不具合を報告している。その中の多くの人はもうあきらめて、マイクロソフトに別のライセンス料を払った」。

「Vistaは改良されるだろう、とグラスコウスキーは言う。しかし私は、XPで自分が経験したことと、似たような問題を報告してくる信頼できる人々の話しか知らない。我々が持っている唯一のデータは、マイクロソフトがこれまで何をしてきたか、だ。そして私は、同様のことがもっと起こると予測するのはきわめて当然だと思う」。

これにアレックスが付け加えた。

「私は、トンプソンが示した嫌悪感に同意する。私の顧客に、突然自分のXPシステムが不正だと判断され、それ以上アップデートできなくなった人がいた。もしVistaがこれ以上にひどかったら、もっと恐ろしいことになるだろう」。

「現時点では、この問題で文句を言う人が大勢いる。だからVistaは、そう、今後1年は実用マシンには使えない、と声を大にして言いたい」。

「グラスコウスキーが分析した“米国内と海外向け販売慣例の違い”によって、彼と私は、例えばブラジルなどで行われている従量制の販売モデルについて概要を理解した。それはVistaの海外販売計画にどのように影響するだろうか(おそらく、まったく影響しないだろう)」。

また、我々がアクティベーションについて議論している間に、デビッド・エムがこんな話をした。

「私はアドビのオンラインアクティベーションで問題が起きた経験がある。Photoshopの合法的なコピーが、ある日認証されなくなったのだ」。

「そいつはポップアップしたインターネットの登録用紙に記入するよう要求してきた。それからPhotoshopを起動して再び動かしたが、これには10分かかり、ちょっとした迷惑だった。これが3週間ごとに起こり始めた(もっと迷惑だ)」。

「これがある日、インターネットがダウンしているときに起こった。私は人間と電話で話して、これを修復しなければならなかったが、約1時間かかった(大迷惑だ)。とうとう私は、そのマシンからそのソフトをとっぱらった」。

「その後、私はアドビのPremiere Pro 2を、あるシステムにインストールしようとした。そのマシンには、もう動かないベータ版をインストールしてあった。すると私は、私の“プロファイル”がどこかおかしい、というメッセージを突きつけられた」。

「その結果、インストールすることができなかった。それなのに私は、今度はこの“プロファイル”の問題のせいで、ベータ版をアンインストールすることができないのだ」。

「そのマシンに載っている他のアドビ製ソフトはみな良好に動く。ベータ版の痕跡については、見つけられるものはすべて消した。しかし何も変化はなく、Premiere Pro 2はインストールできない」。

「いい点も言っておこう。少なくともアドビのソフトは、システムからいつアンインストールされたかを知っているので、別のマシンに簡単に移植できる。ただし、Autodeskなど一部のソフトでは、これは高度に複雑なプロセスになるか、まったく不可能か、のどちらかになる」。

マイクロソフトは以上の問題に気づいている。また、私の情報源によれば、同社は「WGAをもっとうまく働かせるようにするために奮闘している」そうだ。