PR

 ポータブルHDDは、自宅と外出先の間などで、手軽にデータを持ち運べるというメリットがある。USBメモリーよりも大容量なので、データの保管庫としてとても便利なのだが、手軽に持ち運べる分「紛失」というデメリットも考慮しなければならない。最近では、セキュリティに配慮した製品も増えているので、気になるユーザーはチェックしておこう。

専用チップでロック

 アイ・オー・データ機器製のポータブルHDDが搭載する「HDDロック」は、パスワードでポータブルHDDの読み書きをロックする機能。内蔵している専用チップを、専用ソフトウエアで制御して、他のパソコンからHDDを認識できないようにする。ポータブルHDDを分解して、内蔵しているベアドライブをパソコンに接続してもデータを読み出すことはできない。他のパソコンで使うには、専用ソフトをインストールしてから、パスワードを入力する必要がある。

内部のデータを暗号化

 ロックだけでは、HDDの内部を細かく解析されるとデータが読み出されることがある。これを防ぐには、内部のデータを暗号化することが有効だ。バッファローは、同社のポータブルHDDに「SecureLockWare」と呼ぶソフトを搭載(またはダウンロードで提供)している。これを使うとHDD全域を暗号化でき、解除するにはパスワードが必要になる。仮にHDDの内部が解析されても、データの解読は困難だ。ただし、暗号化処理のため、初期化に多少の時間がかかる。

 なお、暗号化には市販の暗号ソフトも使える。データを持ち運ぶ機会が多いユーザーは、万一に備えてデータは暗号化しておくべきだろう。