PR

 IE7にアップグレードしても、アドオンの情報は残るので、アドオンをインストールし直す必要はない。ただし、すべてがIE7で動くとは限らない。

 まず、IE7をインストールする場合には、アドオンは無効にしておいたほうがよい。互換性に問題があるアドオンがあると、インストール後にIE7がうまく起動しないことがあるからだ。あらかじめIE6でアドオンをすべて無効に切り替えてからIE7をインストールし、インストール後、「アドオンの管理」で必要あるもののみ有効にするとよいだろう(図1)。

拡大表示
図1 IE7での動作保証がないIE6向けアドインはトラブルを引き起こす可能性がある。あらかじめIE6の「ツール」メニューから「アドオンの管理」を選び(SP2以外のXPでは利用不可)、すべて使わないように設定しておくほうが安心だ。IE7を削除した後も、この画面でアドオンを1つずつ有効にする必要がある

 アドオンは「ツール」メニューの「アドオンの管理」で有効・無効を切り替えられる。無効にする際には、アドオンの名前を選び、画面下の「無効」というラジオボタンを押すという作業を繰り返す。

 IE7のインストール後、アドオンを有効にする場合は、「ツール」→「アドオンの管理」で「アドオンを有効または無効にする」を選ぶと、アドオンの管理画面が起動する。そこで、IE6で行った操作と同じようにアドオンの名前を選んで、今度は「有効」を選ぶ。