PR

 JavaScriptと、JavaScriptが備えるXMLHTTPというオブジェクトを利用して、動的な画面をWebブラウザー上に生成する技法。Webブラウザーが標準搭載する機能を利用するため、クライアント側で特にプラグインなどのソフトウエアを追加する必要がない。Webページ自体を再表示せずに、画面の一部を再描画したり、XMLを介してサーバーとの間で非同期に通信するため、情報の先読みにより、ユーザーの操作に合わせて素早く表示したりといったことが可能になる。