PR

 通信範囲が数km四方(最大で50km)に達する次世代無線LAN。IEEE802.16として規格化が進んでいる。現在普及しているIEEE802.11(通称Wi-Fi)に比べて格段に利用範囲が広がることが期待されている。

 基地局から住宅までを結ぶIEEE802.16-2004は、2004年6月に規格として承認済み。ノートパソコンなどのブロードバンド接続を目的とした修正規格IEEE802.16eの策定が終了したほか、ネットワーク管理機能を強化したIEEE802.16fなどが規格化に向けて作業が行われている。

 当初はビジネス利用が中心と見られ、個人ユーザーがパソコンなどから利用するには、802.16e対応機器が必要となる。また、携帯電話などと同様に、事業者がWiMAXによる無線LAN接続サービスを提供することが前提となる。既に米国では、米タワーストリームがニューヨーク、ロサンゼルス、シカゴ、サンフランシスコなど都市部でサービスを開始することを表明している。