PR

 Blu-ray DiscやHD DVDが備える著作権保護技術。映像データを鍵長128ビットのAESで暗号化し、Blu-ray DiscやHD DVDのプレーヤー側で復号化する。復号鍵のデータは機器ごとに異なるようになっており、仮に著作権保護の仕組みに従わない再生機器などが開発された場合、その機器に埋め込まれた復号鍵をブラックリストとして登録し、その後に発売される映像ソフトなどを当該機器で再生できないよう制御できる。

 2006年2月にAACSの規格策定作業が完了し、鍵データのライセンス供給が始まった。それによって、Blu-ray Disc、HD DVDともに、AACSに対応した製品の量産を始められる態勢が整い、2006年春には両陣営から相次ぎプレーヤーやレコーダー、映像ソフトなどの関連製品が出そろった。

 将来的には、AACSをメモリーカードや家庭内ネットワークの著作権保護に応用することも検討されている。