PR

 地上デジタル放送やBSデジタル放送の視聴時に用いるICカード。通常は、テレビやテレビ視聴機能を備えたパソコンを購入した際に添付されている。B-CASカードをテレビなどの専用スロットに差し込んで使用する。放送事業者などが共同出資して設立したビーエス・コンディショナルアクセスシステムズ(B-CAS社)がカードを発行、管理している。

 デジタル放送は2004年4月以降、映像信号にコピーワンス(1回だけ複製可能)の信号を多重した上で、映像信号にスクランブルをかけて放送されている。家庭のテレビなどでスクランブルを解除する際にB-CASカードを使用する。B-CASカードを差し込まないとスクランブルを解除できないため、デジタル放送を視聴できない。

 デジタル放送受信機器のメーカーがB-CASカードを機器に添付するには、機器がコピーワンス信号に正しく反応するかどうか、B-CAS社による審査を受けなければいけない。これにより、コピーワンス信号を無視してデジタル放送を不法複製する機器が市場に出回るのを防いでいる。