PR

 米マイクロソフトが2006年5月に発表した、従量課金制パソコンサービスを実現するための技術。所得水準の低い新興市場の国々でWindowsベースのパソコンを使いやすくする。パソコンは本来の価格の3分の1程度の価格で販売する。初期状態では800時間しか使用できず、それ以降はプリペイドカードを購入するか、月額課金制度で使用料を支払う。