PR

 電子機器などに含まれる有害物質を規制する目的で、欧州委員会が制定した法律。2006年7月1日に発効した。人体に悪影響がある6種類の有害物質(鉛、水銀、カドミウム、六価クロム、ポリ臭化ビフェニル、ポリ臭化ビフェニルエーテル)を含む電子機器を、欧州連合(EU)25カ国で輸入・販売することを禁止する。対象となる機器はパソコンやディスプレイ、プリンターのほか、テレビやラジオ、冷蔵庫、アイロン、掃除機、ゲーム機、蛍光灯など広範にわたる。ただし、現時点で有害物質の排除が技術的に不可能な約15種類の部品においては、RoHS指令の適用が除外される。

 日本もRoHS指令に同調し、経済産業省はJIS(日本工業規格)の一つとして、有害物質の含有の有無を示すJ-Mossマークを制定した。