PR

 SDメモリーカードの上位規格。ハイビジョン映像を記録できるHDDカメラなどでの利用を想定し、記録速度の高速化や、容量の大容量化などに対応している。SDメモリーカードの規格団体SD Card Associationが、2006年初頭にSDメモリーカード規格Ver.2.00として策定した。

 カードの形状や著作権保護機能などは従来のSDメモリーカードと同じだが、ファイルシステムがこれまでのFAT16/12からFAT32に変更。従来の最大容量である2GBを超え、最大32GBまでの大容量化が可能。

 転送速度の最低速度保証値をClassとして定義。例えばClass 2なら2MB/秒以上、Class 4なら4MB/秒以上を保証する。まずはClass 2、4、6が定義された。2006年6月に松下電器産業が4GBのSDHCメモリーカードを発表している。