PR

 迷惑メールの流通を抑止するための仕組みで、送信元が正しいかチェックする技術の一種。メング・ウォング(Meng Wong)氏の開発したSPFと、米マイクロソフトが開発したCaller ID for E-Mailを統合した技術をSender IDと呼ぶ。ただし、SPFとSender IDはほぼ同等の仕様であるため、SPF/Sender IDと併記するのが通例。

 DNSを活用するのがポイントで、DNSサーバー上で送信元となるドメイン名ごとに、送信できるメールサーバーのIPアドレスをリストとして管理する。メールを受信したサーバーはリストを参照し、該当しないサーバーから送信されたメールだった場合、受信を拒否する。

同様の送信元チェック技術として、DomainKeysなどがある。