PR

 ユーザーのアクセス履歴を調査する目的で、バナー広告やHTMLメールなどに貼り付けられた画像ファイルへのリンク。WebビーコンがあるWebページやHTMLメールを開くと、サーバーに画像データを要求するため、そのページを閲覧したことが送信側に伝わる。主に企業や広告配信業者が、ユーザーのアクセス動向を探る目的で用いる。

 一般にWebビーコンは、1×1ドット程度と小さい画像ファイルのため、ユーザーはその存在を確認しにくい。一部の迷惑メール業者などは、無作為に作成したメールアドレスが実際に存在するかを確かめるためにWebビーコンを用いている。このため、初期設定ではHTMLメールに貼り付けられた画像ファイルへのリンクをしゃ断するメールソフトもある。