PR

 電子機器製品の有害物質の含有の有無を示すマーク。経済産業省がJIS(日本工業規格)の一つとして制定した。欧州委員会が制定したRoHS指令に同調したもの。

 2006年7月1日以降に製造、輸入する電子機器のうち、有害物質を含むものにはオレンジ、含まないものには緑のマークを外箱、きょう体、説明書などに張ることを法律で義務付ける。対象となる有害物質の種類や含有量の基準は、基本的にRoHS指令と同一。マークの対象製品はパソコン、エアコン、テレビなど電子機器7品目。欧州と違い有害物質を含む機器も販売可能だが、消費者が店頭で商品を選ぶ際に確認できるようにする。